欲張りな選択 (角川ルビー文庫)

  • 20人登録
  • 3.10評価
    • (1)
    • (0)
    • (8)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 鹿住槇
制作 : こうじま 奈月 
  • 角川書店 (2000年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044371050

欲張りな選択 (角川ルビー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • BO

  • こうじま奈月さんのイラストは好みではないのですが……
    鹿住槇さんの本ということで買ってみました。
    なんというか…昼ドラちっくな感じがしたのはあたしだけ??
    親友の陽一の存在は重要所だったりするのですが
    くどくてちょっとウザイというか…。
    主人公の輝弘もちょっと優柔不断っぽくて、情けなくて頼りなくて…すぐ泣くしで
    個人的には…大嫌い系統の受けキャラ。
    唯一、攻めキャラの友和がよかったのが救い…
    大人で頼り甲斐があって、相手を思ってそつなく行動できる!
    ちみっと嫉妬深いそのギャップがいい!!
    まぁ…設定もすごかったですよねー。
    恋人と親友が親の再婚を機に義兄弟になってーみたいな??
    今までそういう展開はなかったので、新しいものを見る目で
    あっさりさっくりと読めたかなーと。
    結局は最後に陽一が友和を認めたような存在になって終わるんだけど。
    まぁ…ひとつの障害を乗り越えて皆が一歩踏み出して大人になったみたいな??
    うーん。どうなんだろう?
    悪くないけどよくもない。そんな感じの一冊でした。
    ちょっと展開が早かったのもおいてけぼり食らった感じで納得がいかない部分もあり?
    でも文章は読みやすいというか…好みです。

全3件中 1 - 3件を表示

鹿住槇の作品

欲張りな選択 (角川ルビー文庫)はこんな本です

欲張りな選択 (角川ルビー文庫)の作品紹介

岸川輝弘が同性である友和と付き合っていることは、大事な親友の陽一にも言えない秘密。なのに偶然にも親同士の再婚で陽一は友和と義兄弟になってしまった。そのうえ輝弘の"恋人"が友和だと知った陽一は、ふたりの仲をじゃまするようになって…。鹿住槇が贈る、コンフュージョン・ラブストーリー。

ツイートする