専制君主の新婚生活―ぼくのプロローグ10 (角川ルビー文庫)

  • 33人登録
  • 3.88評価
    • (5)
    • (5)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : ゆらひかる
制作 : 桜城 やや 
  • 角川書店 (2006年8月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (203ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044376123

専制君主の新婚生活―ぼくのプロローグ10 (角川ルビー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ★3
    読了日:? 出版日:08/2006
    【impression】シリーズ10

  • このシリーズは、読んでてニヤニヤしちゃいますw

  • シリーズ完結編らしいです。ずっとファンだったので嬉しいような寂しいような。でも出会いからここまで書ききってくれるBLはあんまりないので、読者としては嬉しい限りです。
    また内容もあまあまラブラブを周囲の人に祝ってもらうような巻なのですが、文章がとってもわかりやすいのですごく伝わってきます(幸せオーラが)
    内容もおもしろいので、これから読む人は是非シリーズ10冊読んでいただきたいです。

全3件中 1 - 3件を表示

ゆらひかるの作品

専制君主の新婚生活―ぼくのプロローグ10 (角川ルビー文庫)はこんな本です

専制君主の新婚生活―ぼくのプロローグ10 (角川ルビー文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

専制君主の新婚生活―ぼくのプロローグ10 (角川ルビー文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

専制君主の新婚生活―ぼくのプロローグ10 (角川ルビー文庫)の作品紹介

「おれは、いつだって『ひかる』しか見てないだろう?」-波乱を乗り越え、公私共に新たな第一歩を踏み出した、世界的に有名なイラストレーター・風見慎一と、彼の"奥さん"で新人小説家の月充ひかる。じゅん先生の提案により、結婚式のお礼に皆を呼んでホームパーティを開くことになった二人だが、独占欲むき出しの慎一のせいで新婚旅行中のヒミツを暴露するハメに…!?ゴウマンで専制君主な旦那様・慎一と、素直で一途な新妻・ひかるの甘々ドキドキラブコメディ大団円。

ツイートする