CLAMP学園怪奇現象研究会事件ファイル〈3〉 (角川ティーンズルビー文庫)

  • 51人登録
  • 3.04評価
    • (1)
    • (1)
    • (19)
    • (2)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 松本富之
制作 : CLAMP  CLAMP 
  • 角川書店 (2000年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044378035

CLAMP学園怪奇現象研究会事件ファイル〈3〉 (角川ティーンズルビー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 最終巻。1・2巻はそれなりに楽しめたが、何年かぶりに怪奇現象研究会の話を読んだらあまり楽しめなかった。なんというか、話が薄いというか。小説だけど展開はTRPGっぽい。

  • 最終巻。1・2巻はそれなりに楽しめたが、何年かぶりに怪奇現象研究会の話を読んだらあまり楽しめなかった。なんというか、話が薄いというか。小説だけど展開はTRPGっぽい。

全2件中 1 - 2件を表示

松本富之の作品

CLAMP学園怪奇現象研究会事件ファイル〈3〉 (角川ティーンズルビー文庫)はこんな本です

CLAMP学園怪奇現象研究会事件ファイル〈3〉 (角川ティーンズルビー文庫)を本棚に登録しているひと

CLAMP学園怪奇現象研究会事件ファイル〈3〉 (角川ティーンズルビー文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

CLAMP学園怪奇現象研究会事件ファイル〈3〉 (角川ティーンズルビー文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

CLAMP学園怪奇現象研究会事件ファイル〈3〉 (角川ティーンズルビー文庫)の作品紹介

(血が、欲しい…新鮮な…血が…)夕闇迫る、幼等部の森林公園。光司と待ち合わせた咲子が、何者かに襲われる。発見された彼女の首にあったのは、まるで鋭利な針で刺されたような、二つの傷だった!学園内病院からは保存血液パックが盗まれ、また咲子と似たような事件が続発していた。-いったいCLAMP学園に何が起きているのか。

ツイートする