えんどれす・ツインズ (角川ルビー文庫)

  • 50人登録
  • 2.93評価
    • (1)
    • (2)
    • (23)
    • (2)
    • (2)
  • 3レビュー
著者 : 南原兼
制作 : 桃季 さえ 
  • 角川書店 (2000年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (186ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044398057

えんどれす・ツインズ (角川ルビー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • BO

  • 双子×双子(兄弟不明)。ツインズシリーズ第5段。途中シリアス展開もあるが、概ねエロラブストーリー。非現実的だがラブコメとしては十分楽しめる範囲内。数組の思わせぶりなカップリングの結論は出ず終い。ラストはあれよあれよという間にハッピーエンド。前4作に比べるとエピソードの多い分だけパンチに欠ける気がする。

  • 「そんにゃあ…っ」って、和巳!! 違うでしょっ!!
     あぁ、絶対、和巳のキャラ設定変わっちゃってるよね(´・ω・`)ションボリ
     多分、最初の和巳ならもうちょっとしっかりしてたと思うんだけど……。
     それにしても、本当に迂闊すぎるよ、和巳……ε-(ーдー)ハァ(笑)
     まぁ、作者さんがそーゆーキャラ設定にしたんだろうから、しょうがないんだけどね。和巳に罪はないよ。ウ・・ ウン(・_・)

     それにしても、この人たちどんだけ大らかなんですか? 認めちゃっていいの!? それでっ!?
     まぁ、物語の中だから、それくらいで一番いいんだろうけど。

     そして、最大の謎が、加納は本当にパパンのことが好きなのか? ってこと。
     もしかして、パパン二股?(違)

  • ツインズ第五弾☆せっかくラブラブになれたのに別れの危機がせまります。

全3件中 1 - 3件を表示

南原兼の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

えんどれす・ツインズ (角川ルビー文庫)はこんな本です

えんどれす・ツインズ (角川ルビー文庫)を本棚に登録しているひと

えんどれす・ツインズ (角川ルビー文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

えんどれす・ツインズ (角川ルビー文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

えんどれす・ツインズ (角川ルビー文庫)の作品紹介

突然の母の海外出張を期に、十数年ぶりに一緒に住むことになった和巳と和真。オレたちは双子のはずなのに和真は頭もスタイルも運動神経もよくて性格だけが悪いという超いやみなハンサム・ボーイ。嫌なやつだと思っていたけど…いつのまにか…恋に落ちていた!?だってアイツ、キチクだけどかわいいんだ!でも、でも母が出張から帰ってきちゃう。オレたち離れ離れになっちゃうの?似てないツインズのあやしいラブ・コメディ。

ツイートする