少年陰陽師 妙なる絆を掴みとれ (角川ビーンズ文庫)

  • 717人登録
  • 3.61評価
    • (78)
    • (52)
    • (204)
    • (2)
    • (0)
  • 40レビュー
著者 : 結城光流
制作 : あさぎ 桜 
  • 角川書店 (2006年6月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044416225

少年陰陽師 妙なる絆を掴みとれ (角川ビーンズ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • シリーズ16作目、珂神編2/5。
    やはり孫が動いてこその少年陰陽師だなぁ。じい様や神将たちも好きだけど。紅蓮と勾陳の舌戦は楽しかったけど。やっぱり主役は孫なのだ。
    比古くんが気になる存在。風音と六合も心配だし、昌浩復活の安堵も束の間、本当に波乱に満ちた人生だな、晴明の孫よ。
    全てが丸く収まりますように。

  • シリーズ15巻目・珂神編

  • 【少年陰陽師_16(珂神編_2)】

  • 珂神編2

  • もゆらが可愛い!!
    …の、一言に尽きる(笑)

  • 新章第2巻

    読んでて痛いのは変わりません…
    京の平和な彰子と雑鬼たちの会話がすごく癒しです

    最後の珂神の、「助けるんじゃ、なかった」が、どの場面より辛い…


    でも、昌浩の風音に対する「なら、いい」というセリフには、
    すごく救われる思いがしました。

  • 騰蛇と匂陣の関係性って面白いよね。
    満身創痍の騰蛇を、鳩尾殴った上に、うなじに手刀。
    ひゅー♪匂陣姐さんかっこいーー。

    そんな対応されたなんて、紅蓮聞いたらどんな顔するかな。
    顔の傷の仕返しか…?と思うかな。もしくは、知ってるとか?

    大筋とちょっと外れたところの会話が面白いな。
    匂陣を抱っこして連れて帰った後の清明の台詞とか。
    やっぱり、このシリーズは台詞読みがいいんだろうな。

  • 珂神編2

  • 時は平安。昌浩達を襲った謎の術者・真鉄は、なんと風音の体と霊力を乗っ取っていた。非情な攻撃により、昌浩は瀕死の状態に。人間を傷つけてはならないため、思うように反撃できない神将達もまた酷い傷を負い、真鉄と、彼に従う妖狼・たゆらが、意識のない昌浩を連れ去るのを阻むことが出来なかった。予想もしなかった惨状を前に、安倍晴明は、ある決断をするが―!?いにしえの神の国・出雲を舞台にした珂神編、第二弾。

全40件中 1 - 10件を表示

結城光流の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

少年陰陽師 妙なる絆を掴みとれ (角川ビーンズ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

少年陰陽師 妙なる絆を掴みとれ (角川ビーンズ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

少年陰陽師 妙なる絆を掴みとれ (角川ビーンズ文庫)の作品紹介

時は平安。昌浩達を襲った謎の術者・真鉄は、なんと風音の体と霊力を乗っ取っていた。非情な攻撃により、昌浩は瀕死の状態に。人間を傷つけてはならないため、思うように反撃できない神将達もまた酷い傷を負い、真鉄と、彼に従う妖狼・たゆらが、意識のない昌浩を連れ去るのを阻むことが出来なかった。予想もしなかった惨状を前に、安倍晴明は、ある決断をするが-!?いにしえの神の国・出雲を舞台にした珂神編、第二弾。

少年陰陽師 妙なる絆を掴みとれ (角川ビーンズ文庫)のKindle版

ツイートする