数多のおそれをぬぐい去れ―少年陰陽師 (角川ビーンズ文庫)

  • 552人登録
  • 3.75評価
    • (53)
    • (45)
    • (94)
    • (4)
    • (0)
  • 24レビュー
著者 : 結城光流
制作 : あさぎ 桜 
  • 角川書店 (2008年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044416294

数多のおそれをぬぐい去れ―少年陰陽師 (角川ビーンズ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【図書館本】シリーズ22作目、玉依編1/5。
    ここから図書館本。近所の古本屋にシリーズ1冊もなくて、どうやって入手しようか思案中。とりあえず図書館本でしのぐ。
    ストーリーが動き出したところで終わったのでまだ何とも。ただ篁さんの登場は素直に嬉しい。じい様や神将たちとも関わりがあったことに驚いた。その辺りの話もぜひ読んでみたい。風音さんはもういいよと思わんでもない。スマンな、旦那。活躍なら成親兄を推す。ぜひ! ぜひ!!

  • 【少年陰陽師_21(玉依編_1)】

  • 玉依編1

  • おおお、何か色々渦巻いてるなぁ…とりあえず最後の展開が何とも。。
    あ、あと車之輔可愛い(笑)

  • 玉依編第一巻

    なんだか話が全く進んでないような…
    これからに期待しましょう

    冥府の官吏が、いいとこかっさらう予感がひしひしです

  • 玉依編

    22.数多のおそれをぬぐい去れ
    23.愁いの波に揺れ惑え
    24.刹那の静寂に横たわれ
    25.迷いの路をたどりゆけ
    26.彼方のときを見はるかせ

  • 通算21冊目。
    第五章玉依編第一巻。

  • 玉依編 第1巻

  • 時は平安。出雲での戦いからひと月。昌浩が戻った都は、不穏な気配につつまれていた。何日も止まない長雨、内裏の上空に感じられる奇妙な渦…。確かめるため、内裏の一角に入り込んだ昌浩と物の怪は、十二神将に似た出で立ちの女に出会うが…!?その頃、雨に霞む岸壁に“帝の姫”を心待ちにする幼い少女と、付き従う若者の姿があった。見えざる力は、やがて帝を動かし―!?絶好調シリーズ、新章“玉依編”スタート。

全24件中 1 - 10件を表示

結城光流の作品

数多のおそれをぬぐい去れ―少年陰陽師 (角川ビーンズ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

数多のおそれをぬぐい去れ―少年陰陽師 (角川ビーンズ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

数多のおそれをぬぐい去れ―少年陰陽師 (角川ビーンズ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

数多のおそれをぬぐい去れ―少年陰陽師 (角川ビーンズ文庫)の作品紹介

時は平安。出雲での戦いからひと月。昌浩が戻った都は、不穏な気配につつまれていた。何日も止まない長雨、内裏の上空に感じられる奇妙な渦…。確かめるため、内裏の一角に入り込んだ昌浩と物の怪は、十二神将に似た出で立ちの女に出会うが…!?その頃、雨に霞む岸壁に"帝の姫"を心待ちにする幼い少女と、付き従う若者の姿があった。見えざる力は、やがて帝を動かし-!?絶好調シリーズ、新章"玉依編"スタート。

数多のおそれをぬぐい去れ―少年陰陽師 (角川ビーンズ文庫)のKindle版

ツイートする