不都合な純愛 (角川ルビー文庫)

  • 74人登録
  • 3.24評価
    • (2)
    • (10)
    • (26)
    • (2)
    • (1)
  • 6レビュー
著者 : 黒崎あつし
制作 : 樹 要 
  • 角川書店 (2006年5月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (287ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044422172

不都合な純愛 (角川ルビー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 天使のような外見だけど、中身は乱暴でおこりんぼな真生と、
    用心棒のように冷静沈着な苦学生。

    恋のワクワクとせつなさと、
    成長を存分に楽しめるキュン作品!

    キュン4  p3

  • ★3.0。女王受は苦手だったけど、この作品のように魔性ではない男前女王受って凄く萌えるかもしれない。乱暴者だけど竹で割ったような思い切りの良さがあり、時に子供のようなワガママで攻に甘える受は読んでてストレス溜まらないし微笑ましい。誠実でおおらかに受を受け止める年下攻も素晴らしかった。受のセクハラに赤くなりつつしっかり攻めるのが高ポイント。ただ攻が登場するまでが長く、全体的な文章のテンポがどうも冗長に感じて合わなかったので、二人のシーンだけつまみ読みして萌えました。

  • 本気になるには、都合がよすぎる。画廊に勤める真生は、華奢で可愛い外見に反して、実はがさつで乱暴者。よく誘われるけど男の相手なんて冗談じゃない!…と思っていたのに、ある日出逢った大学生・征永に、いつしか心を奪われてしまい…!?

  •  誰もがため息をもらす天使の様な外見を持っている真生は、その外見とは裏腹に本当はとんでもない乱暴者でおこりんぼう。しかし、素のままを周囲の人間に見せるとかなり失望されてしまうため、仕方無く巨大な猫をかぶって生活していた。
     そんな真生はある夜、酔っ払いに絡まれて、けがをしたところを行きつけのバーのアルバイトに助けられる。
     その年下に見えない青年・征永は、本業は弁護士を目指す大学生だったのだが、真生が素の自分をさらけ出しても引くことは全くなかった。
     それどころか、真生のことをずっと前から好きだった、と言い出す。征永にそう言われて、嫌悪感のなかった真生は、ついでにカラダまで繋げてしまう。カラダをつなげても、全く嫌悪感がなく、それどころか気持ち良かった真生は、「もしかしてコイツ、超お買得?」と、征永と付き合い始める。
     ところが付き合っているうちに、真生はこの誠実で都合のいい年下の恋人にすっかり溺れてしまう。
     けれど、真生はじきに征永が自分へと向ける愛情が実はワケありの贋物だったと気づいてしまい!?

     こんな年下の恋人はぜひ、欲しい! と、思ってしまう。
     器が大きくて、優しくて、面倒見てくれて、でも、こっちの言うことにはちゃんと耳を傾けれる素直さも持ち合わせて……うーん……年上、冥利に尽きる恋人だね。
     ただ、ちょっと潔すぎる点は問題ありなのかもしれない……本当に別れたかったらあとくされなくていいんだけどねー……本当に、別れたくなくて、あっさり納得されちゃうとちょっとショックな気持ちはよくわかる。
     でも、結局は最後はちゃんと仲直りできて、ついでに征永も家族と向き合えるようになって、ハッピーエンド! でした。

     優しい年下の恋人の包容力にキュンキュンしちゃってください!

  • 本気になるには、都合がよすぎる。
    画廊に勤める真生は、華奢で可愛い外見に反して、実はがさつで乱暴者。よく誘われるけど男の相手なんて冗談じゃない!…と思っていたのに、ある日出逢った大学生・征永に、いつしか心を奪われてしまい…!?

    誰もがため息をもらす天使のような外見ながら、猫をかぶったその下はとんでもない乱暴者でおこりんぼうの高杉真生。男の相手をするなんて冗談じゃない!…と思っていたのに、行きつけのバーで知り合った冷静沈着なオトコマエ・佐竹征永につかまって、カラダの快楽を教え込まれるうちに「もしかしてコイツ、超お買得?」と、誠実で都合のいい年下の恋人にすっかり溺れてしまう。ところが真生はじきに、征永が自分へと向ける愛情が実はワケありの贋物だったと気づいてしまい。

  • ちょこっと餌付け系
    真生の俺様っぷり(女王様っぷり)がきもちいい。
    征永の家族との確執は、設定が変。
    真生を大切にしてるとこや、バイト中の征永はカッコイイ。

全6件中 1 - 6件を表示

黒崎あつしの作品

不都合な純愛 (角川ルビー文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

不都合な純愛 (角川ルビー文庫)の作品紹介

誰もがため息をもらす天使のような外見ながら、猫をかぶったその下はとんでもない乱暴者でおこりんぼうの高杉真生。男の相手をするなんて冗談じゃない!…と思っていたのに、行きつけのバーで知り合った冷静沈着なオトコマエ・佐竹征永につかまって、カラダの快楽を教え込まれるうちに「もしかしてコイツ、超お買得?」と、誠実で都合のいい年下の恋人にすっかり溺れてしまう。ところが真生はじきに、征永が自分へと向ける愛情が実はワケありの贋物だったと気づいてしまい。

不都合な純愛 (角川ルビー文庫)のKindle版

ツイートする