黄金の都のスルタン―ローゼンクロイツ (角川ビーンズ文庫)

  • 43人登録
  • 3.11評価
    • (0)
    • (2)
    • (16)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 志麻友紀
制作 : さいとう ちほ 
  • 角川書店 (2002年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (218ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044451066

黄金の都のスルタン―ローゼンクロイツ (角川ビーンズ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 正直なところちょっとがっかりしました。
    アルビオンの王子様に続いて今度セシルを奪ったのは東帝国の大君。確かにセシルはヒロインとしても主人公としても非常に魅力的、その上美人の中の美人ですけど、一応男です。って男が男に心を引き寄せるってそんなに簡単なのか?!しかも王族ばかりです。どうにも不自然と思いませんか?
    中身について、セシルは記憶失ったと言っても今作のパターンはアルビオンの騎士とほぼ同じ、いくらロマンチックファンタジーの定番だとしても同じ作品で二度目のも呆れます。
    三つ星はセシル探しに苦労した黒公爵のためです。

  • せっかく異国の祭りに来ているのに楽しもうとしないオスカーとケンカしてはぐれてしまったセシル。迂闊にも奴隷商の手に落ち、アルマンによってスルタンへの貢物とされてしまう。スルタンはセシルが男であると知るが、彼を暗殺しようと画策する皇太后への意趣返しにセシルを側に置く事に。

全2件中 1 - 2件を表示

志麻友紀の作品

黄金の都のスルタン―ローゼンクロイツ (角川ビーンズ文庫)はこんな本です

黄金の都のスルタン―ローゼンクロイツ (角川ビーンズ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

黄金の都のスルタン―ローゼンクロイツ (角川ビーンズ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

黄金の都のスルタン―ローゼンクロイツ (角川ビーンズ文庫)の作品紹介

「…どうして!なにも思い出せない!なにも!!」セシルが目覚めたのは、東大陸の帝国ナセルダラン。黄金のドームの神殿を戴く君府だった-。記憶を失い奴隷商に売られてきたセシルは、偶然出会ったアルマンによって、銀の髪の若き大君ファルザードに進物として献上されてしまう。かつて唯一愛した女の面影を見たファルザードは、セシルを側室として離宮に迎えいれるが…。激動のグランドロマン、第6弾。

ツイートする