緑の聖域 リストワール・デ・メルゼス (角川ビーンズ文庫)

  • 16人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 流星香
制作 : 東夷 南天 
  • 角川書店 (2004年8月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044456078

緑の聖域 リストワール・デ・メルゼス (角川ビーンズ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • リストワール・デ・メルゼス シリーズ2
    新米傭兵のシルベスタはスピッツの耳と尻尾を持つ少年。ある日不注意から魔物を動物保護地区の結界内に追い込んでしまい、動物保護官の黒ヒョウの少年タムンゼントとチームを組んで魔物討伐に乗りだすが…。

全1件中 1 - 1件を表示

流星香の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

緑の聖域 リストワール・デ・メルゼス (角川ビーンズ文庫)はこんな本です

緑の聖域 リストワール・デ・メルゼス (角川ビーンズ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

緑の聖域 リストワール・デ・メルゼス (角川ビーンズ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

緑の聖域 リストワール・デ・メルゼス (角川ビーンズ文庫)の作品紹介

犬耳と尻尾をもつ少年シルベスタは、血気盛んな新米兵士。名刀『月影』をふるい、かっこよく魔物を倒す日々-のはずが、うっかり不注意で4匹もの魔物を、動物保護地区に逃げこませてしまう!王様ポルトス(外見14歳)に「自分のケツは自分で拭け!(=自分の責任を果たせ)」と命じられたシルベスタは、森林保護官である黒ヒョウの少年タムンゼントらと協力し、なんとか魔物を探し出して、討伐しようと奮闘するが…。

ツイートする