垂直線上のストイシズム (角川ルビー文庫)

  • 275人登録
  • 3.67評価
    • (26)
    • (23)
    • (51)
    • (3)
    • (1)
  • 17レビュー
著者 : 崎谷はるひ
制作 : 高永 ひなこ 
  • 角川書店 (2007年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044468224

垂直線上のストイシズム (角川ルビー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 次の一冊を読んでからのこの一冊。
    なんとなく予想はついてはいたのですが、弥刀の過去よりも朋樹の過去の方が驚きました。
    なかなか現実をわかっていたので凄い一面があったのかと思ったのですが、その一面がさらった描かれていたのでちょっと残念。
    警察学校での先輩とのシーンも読みたかったですし、母親の過去のお話も読んでみたかったです。
    もっとページを増やしての一冊…読みたいです。

  • 年上攻め10歳以上

  • 白鷺シリーズ第5弾

  • 白鷺シリーズ5作目、スピンオフ作。

  • 『キスは大事にさりげなく』
    『夢はきれいにしどけなく』
    『恋は上手にあどけなく』(完結編)

    <短編集>
    『蜜は夜よりかぎりなく』

    <スピンオフ>
    『平行線上のモラトリアム』
    ⇒『垂直線上のストイシズム』

  • 白鷺シリーズのスピンオフ、第二弾。「まあ、やってもいいくらいには、あんたのこと好きなんじゃねえの?」そんな言葉でそばにいることを許す十四歳年下の男・佐倉朋樹に、新進気鋭の映画監督・弥刀紀章は翻弄される。恋人とも言い難い曖昧な関係の中、弥刀の前に過去の恋の相手でもある志澤靖那が現れる。佐倉との関係に、わざと歪みを作りだそうとでもするかのように振る舞う靖那に弥刀は...!?

    靖那との因縁がやっときれて弥刀もずいぶん楽になれたと思う。朋樹もやはり難しいトラウマを抱えて生きてきていたけど、弥刀の映画を観たあとに変わったので、今後の二人を応援したい。
    白鷺シリーズの何年か後の甘々な4人を見たいけれど、作者はそういうのは書かないのだろうな…。

  • すきだ。もうなにからなにまですき。

  • 白鷺シリーズ・スピンオフ2
    朋樹、ただの男前じゃなかったのね。そうなるだけの過去が・・・。
    弥刀さん、お人柄か、年の功か、一人でもちゃんと立っている朋樹を、それでも、包んであげようと・・・。さすが大人です。
    いままでだと、朋樹にすがっている様にしか感じられなかったけれど。
    朋樹のこれからの成長に超期待!!の一言に尽きる読後感です。

  • 処分済

  • しっかりとレビュー書き直したい為、読み直しています。

全17件中 1 - 10件を表示

崎谷はるひの作品

垂直線上のストイシズム (角川ルビー文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

垂直線上のストイシズム (角川ルビー文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

垂直線上のストイシズム (角川ルビー文庫)の作品紹介

「まあ、やってもいいくらいには、あんたのこと好きなんじゃねえの?」そんな言葉でそばにいることを許す十四歳年下の男・佐倉朋樹に、新進気鋭の映画監督・弥刀紀章は翻弄される。恋人とも言い難い曖昧な関係の中、弥刀の前に過去の恋の相手でもある志澤靖那が現れる。佐倉との関係に、わざと歪みを作りだそうとでもするかのように振る舞う靖那に弥刀は…!?崎谷はるひが贈る大人気シリーズ待望の第2弾登場。

垂直線上のストイシズム (角川ルビー文庫)のKindle版

ツイートする