マギの魔法使い 若獅子は片恋中! (角川ビーンズ文庫)

  • 77人登録
  • 3.85評価
    • (10)
    • (8)
    • (15)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 瑞山いつき
制作 : 結川 カズノ 
  • 角川グループパブリッシング (2008年12月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044497156

マギの魔法使い 若獅子は片恋中! (角川ビーンズ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 5巻目。
    これまでずっと?になってた、「真実の星」の中のお話がメインです。1巻では、うさんくささが際だっていましたが、彼らも世界の未来を考えて行動していたんですね。

    カルロスの奥さんも予想通りというか、なんだかんだ言ってもお互いに好きそうで、いい夫婦だと思いました。ラドもまた出て来ましたが、この巻では好感度UPです。なんか以前出て来たときとキャラ変わってません?ってくらい、壊れてましたけどね(^^ゞ

    ウォレスとエメラルドは、お互いに好きと自覚したみたいですけど、ラグナがちょっとかわいそう。先に好きだと言っていたのは自分なのに、これまでエメラルドにきついことばっかり言ってたウォレスが急にエメラルドを好きと言い始め、エメラルドもウォレスのことが好きと公言。ほんと、やってられませんね。
    まあ、サブタイトルが「若獅子は片恋中」ですから、仕方ないといえば、仕方ないのかも。

    ハルベルトの不死身の身体が、人工心臓になるとは思いませんでしたけど、何より焦がれた記憶が取り戻せたようで何よりです。記憶を取り戻したウォレスと惚気あうってのは微妙ですが。

    最後の最後で、ラグナに攫われたエメラルドとトトですが、次巻最終巻では、「善の創造主」の方の話になりそうです。あっちも気になってたんで、どう終わるのか楽しみです。

  • 2010年5月12日読了

    皆が水面下でそれぞれ巡らせていた思いが、見事に交錯して迷走しているなー(-"-) そこに感情がなければいいんだけど、感情が加わるから吹っ切れなくて余計に苦しんでる。
    特にラグナがじりじりしているというか、アイツ本当に報われねぇな(笑)背負ったものの重さに加えて、なんとなく生まれた仲間での心地よさってのが判断を鈍らせて、困らせてるんだよ。最後には裏切らなきゃいけないってずっと思って傍にいるのは大変だよね…。しかし、ちゃんと告白せずに失恋決定なラグナがヘタレ爆発で好きです。
    お互いの気持ちに無自覚でようやく気付いて受け入れた、ウォレスとエメラルドよりはマシ…か??

    ハルベルトが記憶を戻したことによって感情が表に出てきたのが嬉しい。しかも、ウォレスとお互いに惚気合うとかおかし過ぎる。ホント、ハルベルトはいいパパだと思いますww

  • ラグナが不憫すぎて・・・。泣

  • 次の巻が待ちきれない感じです。

全5件中 1 - 5件を表示

瑞山いつきの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

マギの魔法使い 若獅子は片恋中! (角川ビーンズ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

マギの魔法使い 若獅子は片恋中! (角川ビーンズ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

マギの魔法使い 若獅子は片恋中! (角川ビーンズ文庫)の作品紹介

「君と一緒だと、ぼくはどんどん愚かになっていく」反ウィザード組織"真実の星"に捕らわれたエメラルドは、そんなウォレスのことが気になって仕方ない。だが組織の幹部カルロスに、打倒ウィザードのため協力してほしいと頼まれ、困惑する。一方獅子の一族の若長ラグナは、エメラルドへの想いを抑えきれなくなって!?「逃がしてやる。だから-俺様の側にいてくれよ」この世界の真相も明らかに!?必読のクライマックス直前巻。

ツイートする