バチカン奇跡調査官 黒の学院 (角川ホラー文庫)

  • 2319人登録
  • 3.49評価
    • (106)
    • (247)
    • (320)
    • (66)
    • (12)
  • 299レビュー
著者 : 藤木稟
制作 : THORES柴本 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2010年12月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (509ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044498023

バチカン奇跡調査官 黒の学院 (角川ホラー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • いらない説明が長すぎてテンポが悪いので乗れない気分が延々続き、途中で挫折しそうになるのをなんとか堪えて最後まで。壮大な結末なのに、あっさり終わってビックリ。

  • 面白かった。でも自分的にキャラクターにときめかなかった、ので次作は読まないかも

  • 非常に精緻で巧妙な文体。
    そして、非常に怖いと思った。

    なかなか物語の核心が見えず、最初は読み進むのがつらかったが、
    核心に迫っていくにつれ、止まらなくなっていく。

    どんどん謎が湧き出てくるときには、ワクワクしたが、
    謎が解け始めた時には、背筋が冷える思いがした。

    面白いシリーズだが、次を読むのは、ちょっと間をおいてからにしたい。

  • まず初めに。
    面白かった。決して面白くなかったわけではなかった。カソリックについてやナチスについて傾けられる蘊蓄にも長いとは思ったけれど知らないことも多かったし勉強にもなった。それにUFOがそんなとこに着陸するのかって意表も突かれた。まあ、犯人だけなら主人公の平賀たちが初めて会ったときに解ったし、ついでにラストの平賀の犯人への所業は法律遵守がやっぱりミステリにも適応されるべきと思っている身としてはそうくるだろうと予測がついてもかなりどうかと思ったけれども、面白くなかったわけではなかった。
    がしかし、がしかしだ。
    突っ込みどころが満載で伏線ばらまくなら全部、なにからなにまできちんと拾ってほしいとどうしても思ってしまった。
    手始めに、コンラッド神父はどうしたんだ? 警備員的には死んでる感じだし、でも慌てて遡ったってそんなシーンはないし、たしかにそれ以降は回想的にしか名前も出てこないけど、殉教者の順番的にもコンラッド神父の死は入り込む余地がないし、やっぱり死んでないはずでは? でもそうするとこの人は過去の因縁にも関わっているはずだし、生きているならラストで一個人として名前を挙げられてもいいはずなのにそれがないし。ついでにラストといえば今回奇跡調査の対象だったシスターの主治医もそのままスルーで有象無象の神父やシスターのなかにいたのかさえ明記されなかったけどこの人がその計画に手を貸さなければほかに医者は出てこないし、ある意味で実行犯のようなものだと思われるのに犯人はその辺は気にしないのか?
    それにマリオが一番最初に被害に遭った理由はどうなってるんだ? あの十字架の言葉が関係しているというならつまり、犯人としては自分が超人として存在しているからマリオみたく優秀でカリスマティックな子がいるともう一人超人がいることになるから嫌とかそんなことなのか? でもマリオが聖痕現象を起こすようになったのは被害に遭った後だし、列聖されるなんて囁かれたのだって被害に遭わなきゃあり得ないことだったろうし、いまいち理由が不明。マリオの背景は不明だから解らないが犯人グループのバチカンへのコネ以上にマリオがバチカンでのしあがるコネを持ってるっていうことで殺したいっていうならライバル削減的理由にはなるけど結局殺人未遂だから意味ないし。
    それから、語りの少年はなんで語りなんだ? この子が洗脳される過程が一人称のほうが伝わるとかってことか? にしてはかなり後半で急ピッチだったけど。
    さらに語りの少年の義父のあの予言の根拠は? まあ、あれはただ盤の文字が読めることをいっただけでマスターになることの予言じゃなければ問題はないけど。でも前者ならSCの子はおそらく皆読めるし、コールのかかった子しか読めないにしても現在のSCの子でコールがかかってるのがマリオと語りの少年の二人しかいないって書いてあるわけでもないし。まあ、語りの少年がマスターに選ばれるご都合主義感は許容範囲だとは思うけど。
    あと、警備員が銀の仮面を持っていた理由はどうなんだ? アル中のせいってこと? それとも洗脳の結果? その辺も説明がないし。
    とまあ、そんなこんなが残念で仕方ない。
    でも、ナチスなんてかなり大きいことを言い出しても一応収束させたし、ラストの炎上は聖者像の順番的にも聖ラウレンティウスの火あぶりでの殉教に呼応してたし面白かった。
    それから、ホラーではないね。ホラー文庫だけど。ミステリだね。続巻からホラー化するのかな?
    あとちなみに萩尾望都の「トーマの心臓」を思い出した。でもあっちはちゃんとした信仰でこっちは洗脳の上の信仰だけど。

  • 少しミステリかな?主要人物がだいたい美形で、耽美だなあと思う。
    高校のときに建築探偵読んだときのような気持ち。久しぶり。

    現代(2000年か)なのですが、舞台が舞台なだけにいきなりノートパソコンとか出てくるとびっくりする。
    設定が100年前くらいだったほうが、神の奇跡・悪魔の誘惑と科学の境界があやふやでもしっくりなじむ気がする。

    とは言え、耽美なんもちょっとオカルトな感じも嫌いではないので楽しく読みました。
    でも、たまに、文章や文法について「これ変じゃないのかな~っ」と思うことがあって読みにくかった。違和感を感じることが度々あった。
    文庫本になる際に加筆修正とか無かったみたいなので、ただの私の勘違いかもしれませんが。

    これは高校生くらいのときに読んだらもっと面白かったかも。
    続きも読みます。後、4冊くらいあるようでうれしい。

  • ツッコミ屋な私には向かない。演出に無理がありすぎ。発売企画がまずあって筋書と設定を用意して、作家さんが書き出したはいいがこなし切れていない、ような。文章は丁寧・調べもの頑張りました・表紙イラストが素敵

  • テーマは好きだけどはまらなかったな
    種明かしが消化不良…

  • 続きが楽しみ。

  • 意外に分厚い。。。

    バディである2人組が奇跡が本物であるかどうか世界各地を調査する、という話らしい。。

    カトリック系男子校が舞台。
    神父が沢山いて、聖徒もそれなりに登場して、誰が誰やら…と途中混乱。
    アニメ化したし、そちらから入ればよかったのか??

    「滅茶苦茶人がぽんぽん死ぬな」というのが感想。
    警察沙汰にもしないし、ネット環境があるので現代社会が舞台だと思うのだが、それでよいのか???
    ラストもそれで終わり?!!という。。。

    そして何よりカトリックが物凄く胡散臭いものに描かれている。。。

    平賀神父の純粋さに救われます。

  • カトリックに関する小難しいことが色々書かれていて
    その辺はほとんど理解できていないけど殺人事件と人間関係は読んでいて楽しかった。
    物語終盤は頭に??マークが飛び交う。
    なんて壮大な物語・・そうきたか。

    サラッと終わってしまったけどマリオが何をされたのか
    セバスチャンは母親とどうなるのか気になることがたくさん残っている・・

全299件中 1 - 10件を表示

藤木稟の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

バチカン奇跡調査官 黒の学院 (角川ホラー文庫)に関連する談話室の質問

バチカン奇跡調査官 黒の学院 (角川ホラー文庫)に関連するまとめ

バチカン奇跡調査官 黒の学院 (角川ホラー文庫)を本棚に登録しているひと

バチカン奇跡調査官 黒の学院 (角川ホラー文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

バチカン奇跡調査官 黒の学院 (角川ホラー文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

バチカン奇跡調査官 黒の学院 (角川ホラー文庫)の作品紹介

天才科学者の平賀と、古文書・暗号解読のエキスパート、ロベルト。2人は良き相棒にして、バチカン所属の『奇跡調査官』-世界中の奇跡の真偽を調査し判別する、秘密調査官だ。修道院と、併設する良家の子息ばかりを集めた寄宿学校でおきた『奇跡』の調査のため、現地に飛んだ2人。聖痕を浮かべる生徒や涙を流すマリア像など不思議な現象が2人を襲うが、さらに奇怪な連続殺人が発生し-。天才神父コンビの事件簿、開幕。

バチカン奇跡調査官 黒の学院 (角川ホラー文庫)のKindle版

ツイートする