斬月伝 白き刃で闇を断て (角川ビーンズ文庫)

  • 34人登録
  • 3.17評価
    • (1)
    • (1)
    • (9)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 菅沼理恵
制作 : 瀬田 ヒナコ 
  • 角川グループパブリッシング (2008年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044508104

斬月伝 白き刃で闇を断て (角川ビーンズ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 前作と違って、キャラや設定を読み込むのが苦労いたしました。

  • ザビのを読まず、いきなり1巻から入ったので最初はなかなか世界観やキャラになじめず苦労した・・・。

全2件中 1 - 2件を表示

菅沼理恵の作品

斬月伝 白き刃で闇を断て (角川ビーンズ文庫)はこんな本です

斬月伝 白き刃で闇を断て (角川ビーンズ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

斬月伝 白き刃で闇を断て (角川ビーンズ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

斬月伝 白き刃で闇を断て (角川ビーンズ文庫)の作品紹介

伸びない身長と大きすぎる瞳が悩みの真砂は、先生と慕う柊とその幼なじみで化生を退治することのできる元神維の東雲とともに暮らす日々。ところが柊が神隠しに巻き込まれ、化生にさらわれてしまう!心配すらしない東雲に腹を立てながら、ひとりで柊を捜しに行く真砂だったけれど…!?むかつくけれど離れられない。そんな不思議な運命で結ばれたふたり、真砂と東雲が化生を相手に繰り広げる新たなる物語がいま、はじまる。

ツイートする