アラバーナの海賊たち―幕開けは嵐とともに (角川ビーンズ文庫)

  • 120人登録
  • 3.27評価
    • (6)
    • (15)
    • (35)
    • (4)
    • (3)
  • 10レビュー
著者 : 伊藤たつき
制作 : 七海 慎吾 
  • 角川書店 (2007年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044525019

アラバーナの海賊たち―幕開けは嵐とともに (角川ビーンズ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 途中まではグダグダしながら読んでいたのですが、終盤のどんでん返しにやられました。
    ある程度は予測のついていたことなんですが、インパクトが強かった。
    ジャリス、かわいかったです。

  • 全体的に元気があって楽しかったです。
    帯に逆ハーレムって書いてあったんですが、まさにその通り(笑)それでも主人公が一番男前かなぁって思ったりします。行動力あるは包容力あるは愛嬌あるはで、華があります。

    あっと言う間に読み終わってしまいました。

    続きが楽しみだなぁ。
    早く借りたい。

  • 二作目の「出航は波乱の香り」まで読んだ。

    ジャリスは記憶のなかったときのほうが好みだな〜。
    逆ハー風味なのがどうも萎える。
    主人公が好かれているのはいいことだけど、「命に代えても」とか「あの人が全て」というレベルの人間が二人以上いると多すぎると感じてしまう。
    三作目以降は借りて読めるなら読むけど、買うほどではない。

  • 私は合わなかったです。
    会話が陳腐で、恋愛要素ゼロ。
    伏線らしいものもなく、突然話が転換するもんだから??のオンパレードでした。

  • 序盤が少々もの足りない感じですが、後半になるとテンポよく面白いかと。ジャリスの正体は予想外でした。

  • 伊藤たつきさんデビュー作。表紙の絵に一目ぼれ。アラビアンファンタジーで海賊、魔人、魔法のランプといった要素が上手く生かされています。海を駆ける少女・ジャリスの爽快な物語です。一巻には二重三重の驚きがあってとても楽しめました。続刊も楽しみな作品です。

  • テンポは速いけれどサクサク読める。(07.07.17)

  •  特別これぞ!と引き立ったキャラはいないものの、主人公のジャリスは好感の持てる正義感。今後どうなっていくか、楽しみです。

  • さくさく読める軽快さ、2転3転する面白さはいいです♪脇キャラの名前がどこか聞いたことあるのは…気にしない☆

全10件中 1 - 10件を表示

伊藤たつきの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

アラバーナの海賊たち―幕開けは嵐とともに (角川ビーンズ文庫)はこんな本です

アラバーナの海賊たち―幕開けは嵐とともに (角川ビーンズ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

アラバーナの海賊たち―幕開けは嵐とともに (角川ビーンズ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

アラバーナの海賊たち―幕開けは嵐とともに (角川ビーンズ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アラバーナの海賊たち―幕開けは嵐とともに (角川ビーンズ文庫)の作品紹介

黄金の大陸・アラバーナ。金髪碧眼のジャリスは、考えるより動くほうが大好きな少女。そんな彼女はなんと、記憶喪失!!助けてくれた美形の凄腕商人・コダートは、「記憶が戻るまで面倒みてやる」と言ってくれるけど、もどかしくて仕方ない!そんなある日、ジャリスはコダートの宴席に、世界的に有名な伝説の「海賊船長」が来ると聞いて!?"第4回ビーンズ小説大賞奨励賞受賞"アラビアン逆ハーレム冒険譚、堂々登場。

アラバーナの海賊たち―幕開けは嵐とともに (角川ビーンズ文庫)のKindle版

ツイートする