アラバーナの海賊たち 太陽は夜明けを祈る (角川ビーンズ文庫)

  • 39人登録
  • 3.60評価
    • (2)
    • (3)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 伊藤たつき
制作 : 七海 慎吾 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2010年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (287ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044525101

アラバーナの海賊たち 太陽は夜明けを祈る (角川ビーンズ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • オシリスがわりとあっさりと倒れたなという感じ。予想通りの大団円だったけど、これはこれでよかったと思う。

  • ちょっと終わりがあっけなく、展開もありきたりかな、と感じます。が、大衆受けするようにすると、このあたりが妥当なんだろうか………とも。

全3件中 1 - 3件を表示

アラバーナの海賊たち 太陽は夜明けを祈る (角川ビーンズ文庫)のその他の作品

伊藤たつきの作品

アラバーナの海賊たち 太陽は夜明けを祈る (角川ビーンズ文庫)はこんな本です

アラバーナの海賊たち 太陽は夜明けを祈る (角川ビーンズ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

アラバーナの海賊たち 太陽は夜明けを祈る (角川ビーンズ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

アラバーナの海賊たち 太陽は夜明けを祈る (角川ビーンズ文庫)の作品紹介

魔法の指輪を全て手に入れ、ついに魔王オシリスが完全復活!しかも砂の兵士を操り、各国に攻め入り始めた!圧倒的な力を誇る魔王を止められるのは、伝説の英雄の血をひく、少女船長のジャリスだけ!そこで、魔王を倒す武器を探しに行くことにしたジャリスだけど、辛い試練の果てに見つけた武器は、彼女自身の命をも脅かす危険なもので!?ジャリスの戦いと、恋の行方は!?話題をさらった逆ハレーム冒険譚、ついに完結。

ツイートする