ドラゴンは姫のキスで目覚める (角川ビーンズ文庫)

  • 88人登録
  • 3.21評価
    • (3)
    • (12)
    • (21)
    • (5)
    • (2)
  • 11レビュー
著者 : 夜野しずく
制作 : くまの 柚子 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2010年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044550226

ドラゴンは姫のキスで目覚める (角川ビーンズ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • あらすじは良かったけど、実際はイマイチ....

    主人公も何様なんだろうか?

    ストーリーの流れもおかしい。

  • お金を稼ぐため、暗黒龍を復活させ魔物退治に乗り出す物語。
    主人公があまりに何も考えてなさそうなので、もう少し頭を使って欲しい。
    色々な事に決着が付かずに終わっているので、すごく中途半端で残念。

  • せめて何か魅力があったら、と残念。

  • 主人公の男の人はザ・ヘタレなのですが、なかなか面白かったです。物語はとてもシンプルなので読みやすかったです。

  • 第8回角川ビーンズ小説大賞奨励賞、受賞作品。
    暗黒竜と契約した貧乏お姫様の、ドタバタ冒険劇。ヘタレ暗黒竜と、気が強いお姫様の掛け合いが面白いです。

    文章は改行が多く、台詞がほとんどで、ちょっと物足りなく思えました。
    犯人というか黒幕はあっさりわかるし、動機も予想通りだったので、キャラクターを楽しむ作品だと思います。
    サクサク読み進めることができるので、息抜きによい作品かもしれません。

  •  元気なお嬢様・シンシアと暗黒竜クロウの冒険譚!?シンシアは一生懸命で恋愛に鈍い(?)可愛らしいヒロインです。個人的には男性陣の魅力がもう一歩かな・・と。ラヴ度もまだまだ低めです。
     
     第8回ビーンズ小説大賞奨励賞受賞・新人さんなので、今後の活躍を期待します。

  • 主人公シンシアが、なかなか姫様とは思えない守銭奴っぷりで。しかもかない剛気な性格です。
    暗黒竜の元に山を分け入り、縦穴に落ち、洞窟で滑り落ちても、帰り道のことは心配することもなく、暗黒竜を見つけても、その感想はなかなか普通のお嬢さんではありません。

    一方暗黒竜クロウの方は、「隙あらばシンシアを口説こうとする始末」とありましたが、ぜんぜん口説いてなくて、反応が童貞少年のようで、シンシアにやられっぱなしで、ほとんど諦めモードな感じがしました。普通竜の逆鱗って、怒らせる元だと思うのですけど、クロウの場合は性感帯のようで、それを触られて腰砕けになってたりしてます。

    怪しい人物はすぐに想像がつき、それを想定して読めてしまったんですけど、かわいそうなのは最初に出てきてたカイルですかね。あんまり印象には残らなかったけど、最後で屋根ぶち抜いてましたんで、新たな借金ができて、次巻ではまた資金繰りに走りそうな気がします。
    性別は違いますけど、シンシアの雰囲気は「王子はただいま出稼ぎ中」のユートっぽい感じがしました。

  • ほのぼの~っとした雰囲気が好きです。
    ただ、幼馴染のカイルの不憫さがいたたまれない(笑)
    女の子がとことん男性陣を振り回すのだけど、
    男性陣も負けてませんっていうか扱いが女の子相手じゃないんじゃないのかって思う部分もあったりする。
    最終的にはどっちもどっちって感じがした。

  • お金を借りた先の青年に結婚を迫られる(?)少女が
    先祖の日記(?)を見つけて手に入れたドラゴン。
    ドラゴンとお金大好き少女の恋愛…ではないですw

    あとがきで、好きな男のタイプを全部入れました、と書かれてますが
    全部という事は、最初から最後まで?
    あの腹黒も? とか思ってしまいました。
    そういえば、男性しか出てきません。
    主人公以外で出てきた女性といえば…ばあや??

    かなりさくさくと読み進められます。
    どちらかといえばコメディー?
    無邪気といえば聞こえはいいですが、能天気な思考回路の主人公。
    そして愉快なまでに使われてるドラゴン。
    笑える、の一言で終わらされる話ですw

    が、最後が…ページが足りませんでした、というくらい
    ちょっときっつきつな感じがしなくもないです。

全11件中 1 - 10件を表示

夜野しずくの作品

ドラゴンは姫のキスで目覚める (角川ビーンズ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ドラゴンは姫のキスで目覚める (角川ビーンズ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ドラゴンは姫のキスで目覚める (角川ビーンズ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ドラゴンは姫のキスで目覚める (角川ビーンズ文庫)の作品紹介

シンシアはウィルシャー家のお姫様。だけどその生活は超貧乏。宿敵カイルとの無謀な賭けで大金が必要なところに、領地に魔物が出て大ピンチ。背に腹は代えられないシンシアは、ファーストキスを捧げて脅威の暗黒竜と契約することに。ところが、超絶美形の人型をとる暗黒竜・クロウは、隙あらばシンシアを口説こうとする始末。そのうえ、暗黒竜を狙う何者かに狙われるハメになり!?第8回角川ビーンズ小説大賞奨励賞受賞作品。

ツイートする