E×N 巻之一 きみとの縁てやつ (角川スニーカー文庫)

  • 40人登録
  • 3.23評価
    • (2)
    • (3)
    • (16)
    • (0)
    • (1)
  • 2レビュー
著者 : どば
制作 : 水谷 ゆたか 
  • 角川書店 (2004年6月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044705015

E×N 巻之一 きみとの縁てやつ (角川スニーカー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ああもう面白いのになあ!
    確かに文章は荒削りだし日本語もなってない
    でもこの作家さんはいつか羽ばたける力がある!....のに;

    何故売れない

    言霊という言葉があるように、言葉で縁を操り、世界を救う物語
    気取った気がなくて、良い意味で新人らしい作品
    イラストも綺麗

    もう重版未定になっちゃってるかな...

  • 1-2まで読了

全2件中 1 - 2件を表示

どばの作品

E×N 巻之一 きみとの縁てやつ (角川スニーカー文庫)はこんな本です

E×N 巻之一 きみとの縁てやつ (角川スニーカー文庫)を本棚に登録しているひと

E×N 巻之一 きみとの縁てやつ (角川スニーカー文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

E×N 巻之一 きみとの縁てやつ (角川スニーカー文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

E×N 巻之一 きみとの縁てやつ (角川スニーカー文庫)の作品紹介

ある朝、わたしの恋人が別人格になってたんです。その人、フジツグ君は呪禁の長と呼ばれこの世のすべての縁を支配できる人。世界を災厄が襲うとき、黄泉から召喚されるんだって。依代となった彼の体を返すためにも早く敵を倒そうとフジツグ君はあせる。なのに召喚者の美咲さんは悠然と「戦いは期末テストの後にしましょう」って…。しかたなく強敵・三角関数めがけ突貫していたとき事件が!第7回角川学園小説大賞奨励賞受賞作。

ツイートする