機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY (1) (角川スニーカー文庫)

  • 52人登録
  • 3.13評価
    • (1)
    • (1)
    • (22)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 千葉智宏
制作 : 緒方 剛志  矢立 肇  富野 由悠季 
  • 角川書店 (2005年6月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (265ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044717018

機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY (1) (角川スニーカー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アニメの外伝版です。まだ読んではいませんので、読んでから。

  • 小説版
    機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY

    さまざまなMSV機体も出てきます
    SEED公式外伝です 本編よりおもし・・・

全2件中 1 - 2件を表示

機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY (1) (角川スニーカー文庫)のその他の作品

千葉智宏の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY (1) (角川スニーカー文庫)に関連する談話室の質問

機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY (1) (角川スニーカー文庫)はこんな本です

機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY (1) (角川スニーカー文庫)を本棚に登録しているひと

機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY (1) (角川スニーカー文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY (1) (角川スニーカー文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY (1) (角川スニーカー文庫)の作品紹介

C.E.と呼ばれる新世紀。新人類と旧人類の戦争は拡大の一途を辿っていた。その中で互いにプロパガンダするための情報戦も過剰となっていく。そうして起きる情報の渦の中、薄れゆく"真実"を追い求めるものもいた。戦場カメラマンのジェスはMSに乗り込み取材を続ける中で、叢雲劾をリーダーとする凄腕の傭兵部隊"サーペントテール"と出会い、様々な"真実"を見つけだしていく-。"真実"を求める男の「ASTRAY」が登場。

ツイートする