らき☆すた ゆるゆるでぃず (角川スニーカー文庫)

  • 119人登録
  • 3.52評価
    • (6)
    • (7)
    • (19)
    • (0)
    • (1)
  • 6レビュー
著者 : 待田堂子
制作 : 堀口 悠紀子  :美水 かがみ 
  • 角川グループパブリッシング (2009年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (203ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044742010

らき☆すた ゆるゆるでぃず (角川スニーカー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 9784044742010 204p 2009・4・1 初版

  • 漫画やアニメは神のらき☆すたですが、ラノベは面白くないものが多いです。しかし、この作者(待田堂子)だけはまあまあ面白かったです。あの竹井十日とか言うのはとりあえずラノベ書いてはいけないと思います。

  • 過去の小説(著:竹井10日)のものと比べ、現実世界ベースで原作のゆるゆる感がよくでていたと思う。
    ただ、らきすたの小説はどれもページ少ないのが残念。

  • アニメも見よう
    おもしろいよ

  • 未読。えんぴつに釣られて買ってしまいました。

  • ★は期待の数ってことで;
    まだ読んでないのでこれから楽しみです◎

全6件中 1 - 6件を表示

待田堂子の作品

らき☆すた ゆるゆるでぃず (角川スニーカー文庫)はこんな本です

らき☆すた ゆるゆるでぃず (角川スニーカー文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

らき☆すた ゆるゆるでぃず (角川スニーカー文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

らき☆すた ゆるゆるでぃず (角川スニーカー文庫)の作品紹介

「かがみ〜、相談したいことがあるんだけど」夏休み、こなたの号令でみゆき、つかさ、かがみは陵桜学園近くのファミレスに集合。怪談集作りに意気込むこなたに乗せられ、ネタ集めに奔走するのだが!?(「本末転倒」)ほか、みさおの試験勉強をめぐる騒動(「前途多難」)など全五話を収録。大人気アニメ『らき☆すた』のシリーズ構成・待田堂子+キャラクターデザイン・堀口悠紀子が放つ、ゆるゆるまったりなノベライズが登場。

ツイートする