子ひつじは迷わない 走るひつじが1ぴき (角川スニーカー文庫)

  • 228人登録
  • 3.75評価
    • (14)
    • (40)
    • (25)
    • (5)
    • (0)
  • 24レビュー
著者 : 玩具堂
制作 : 籠目 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2010年10月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (273ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044748258

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

子ひつじは迷わない 走るひつじが1ぴき (角川スニーカー文庫)の感想・レビュー・書評

  • 典型的な安楽椅子探偵ものでした。
    最近やたら目にする教師以上に学校を支配している生徒会ではなかったのは安心できた。
    ReaderStor1巻無料を利用

  • 9784044748258 273p 2010・11・1 初版

  • 主人公・成田真一郎、ヒロインである佐々原や仙波の性癖との紹介をしつつ、ヒロインたちが主人公の行動によってそれまでの立ち位置から少し踏み出す感じの内容にまとまっており、続刊へ上手く繋がっている。
    謎としてはどれも小粒ですが、謎を仙波が解き明かし、主人公がそこから彼特有の行動を取ることで、謎の解決だけでなく相談内容の根っこにあるものの解決を目指すのが軽小説かつ学園モノに合致していて面白い。
    動機絡みで各話ゲストの思春期というか人間臭い内面をカットせずに露わにされる部分も独特で面白く感じた。

  • 上手いこと面白いキャラクターたちを生み出してくれたものです。
    うん、そう、面白い(意味深)って感じです。 
    結果よりも過程を捏ね繰り回して練り込もうとしてる感じで面白味もあった。 
    ラブコメ要素にも期待したいところです。

  • 生徒会の、生徒会による、迷える生徒のための会。
    そこに持ち込まれた問題は、となりの部屋にいる、関係のない生徒が
    いやっそ~な顔で解決してくれる。

    こちらの声はきれいに聞こえているのに
    そちらの声はまったく聞こえない。
    一体どういう設計をされているのでしょうか?
    いや、この場合建築を指摘すべき?

    話は連続短編のように続いて行きます。
    最初に相談した人間からの推薦で違う人が訪ねてくるので
    案外知っている名前がわさわさと。
    そして、あちらこちらに小出しに出てくるネタもひょっこりと。
    ミステリーのような感じになっています。

    しかし最後。
    最後のあの疑問は…もしかしなくとも、姉というのは
    彼女の事なのでしょうか?
    散々胸の話は出ていましたが…そんな疑問を口にされるほど
    もしかして『ない』のでしょうか?
    というより、そこは目をつむって上げるべきじゃないでしょうか?!w

  • ぱやきのさんになりたい

  • 生徒会が「迷わない子ひつじの会」という悩み相談を始めた.
    持ち込まれる様々な相談に対して
    アレやコレやと議論して解決へと持っていこうとするお話.
    ここだけだと「めだかボックス」的な感じだけど
    途中から学園異能バトルに変化しません.
    ちゃんと普通に相談にのります.
    あれ?
    ということはスケットダンス寄りか.
    まぁいいや.

    で,成田真一郎という生徒会書記が走り回るわけです.
    「なりた しんいちろう」じゃなくて「なるた まいちろう」.
    親のネーミングセンスを疑ってしまうにゃー.
    まぁ「今鹿」とかいて「なうしか」と読む長男もいる時代ですからね.

    それなり.
    仙波さんが素敵ですね.
    ツンダラ娘という新ジャンル?
    毒を吐きながらもクッションにもたれ掛かってダラダラと….

  • 『本格ミステリ・ベスト10』で何人かが投票していて気になったので。議事録という形式をとっていることもあって関係者証言、議論パート、解決編までの見せ方が非常にスムーズです。解くべき問題を明確に提示している点もミステリとして好印象。特に満足度が高かったのは怪獣退治の話で、「なんとなくそうかも」という推論を、手元にあるテキストから導き出せるデータで補強に補強を重ね、最終的に「これしか考えらえない」ところまで持っていく様は見事でした。独特の注釈処理についてはあまり気にせずに、書いてある順番どおりに読み進めていくのが良いと思います。
    本編内容にそぐわない妙に扇情的な表紙とピンナップはちょっとどうなんだろう。

  • とってもライトノベル。軽く読めてのんびり楽しめて。
    大きなインパクトには欠けるけど、この作品独特の空気はあると思う。
    スニーカー大賞に選ばれたのは、スニーカーが新しい流れを作っていこうとした現れかとも思ったけども、やはりハルヒなんかを思えば、パワー不足は否めないかなあ。

    嫌いではないのです、この作品。

  • 表紙と挿絵は相当扇情的ですが、中身はそんな誘導を必要としない面白さがあり。
    生徒会の人数多すぎ(でも名前もろくに出てこない)とか、あるいは最大の謎である「あちらの発言は聞こえるのに、こっちの会話は聞こえない準備室」など粗も有りますが、小さな諸問題に対する立ち回りが小気味よくて好き。
    主役級である仙波、成田、佐々原の3人他そこを取り巻く人々もなかなか一癖有りそうな人たちばかり。キャラクターの魅力で、次も読みたいなと思わせる一冊。

  • まず、読みにくい。特に議事の部分(議事ですらないが)が非常に読みにくい。
    各エピソードにも共感できるものがなく、
    各人も記憶に残らないので、読み進めてもおもしろみが全く増えなかった。

  • どのキャラの視点の時でも、結構古風な言い回しが多いような気がした。作者のクセなんだろう。
    面白かったかと言われると微妙だけど構成力の高さは感じた。

  • ラスボスは生徒会長

  • 軽ミステリって感じで、悪くはない。

  • 学園ミステリー。ミステリーといっても殺人事件があるわけではなく、学園の些細な問題を、安楽椅子探偵の仙波明希が事件をパシッと解決して、事件の処理を主人公の成田真一郎がする。

    スニーカー大賞だけあって面白かった。一巻ということもあり、全体の完成度は高いと思う。ただ普段ミステリー読んだいる人は、ミステリーものとしては、楽しめないかもしれない(あくまで予想だけど)。

    ヒロインが僕にはハマらなかったから☆四つ。

  • たいして面白くない。キャラクターの設定も甘いし、ストーリーも凡百。

  • 生まれて初めてライトノベルを読み終わりました。

    これ以前にも『狼と香辛料』の1巻や『デュラララ』の1巻を読んでみましたが途中で挫折しました。

    ライトノベルということで「どこがライトなのか」と申しますと、この物語は全部で4つか5つぐらいの章にわかれてるのですがひとつ15分ぐらいで読めます。たぶん1冊読むのに実質1時間ちょいでしょう。

    それで、暇つぶしにはちょうどいいのか?
    というとまた微妙なところで、文章もネタもまぁまぁどこかで見た感じのもので、話の展開も子ひつじの会が問題を解決する話ですから、推理ものミステリーのような雰囲気です。

    おそらく、もっと主人公たちの微妙な感情の揺れを感じ取るべきなんでしょうけれども私自身もうそういう歳でもないのかなとも思いました(笑)

    今後の展開でライトノベル版『相棒』のような感じになると面白いですね(*´ω`*)

  • 書店員さんのポップ盛大に褒めちぎられていたので思わず購入。
    少し期待外れであった。

    確かにつまらなくはないのだが...気に入らない点が2つ。
    まず、言葉で表すのではない、視覚的効果が多い。例えば、行間をあけまくったり、え、ではなくゑという文字を使ったり。
    それと、登場人物の内面がこの本のメインにもなっていると思うのだが、それにリアリティがない。ライトノベルらしいというか、キャラが作られたかんじで生きていない、二次元的のような。
    恐らくイラストが悪いということもあると思う。あのストーリーにこの絵は合わない。
    典型的な漫画絵で、さらに現実味がなくなってしまっている。
    最初の扉絵で仙波の服がはだけているのは、なんの意味があるのか。

  • かなり面白かった。話のスジはオーソドックスともいえるネタを語り部を交代しながら上手く面白く構成してて飽きない。キャラクタもいい具合。へんに萌え要素を出して来ないし、崩れる事もなく。
    今後も要チェック。

  • 冒頭の注釈付きの議事録と「ゑ」の使い方が独特で目を引く、成田真一郎はいわゆる熱血系の行動派な人物で、冷静で知識を持っていて事件解決の手がかりを提供する仙波亜希とのコンビがかっちりとハマっていた印象。
    自分を賈文和に例えているあたり、何となく物語上のポジションがどの辺に立っているのかがわかるようになったのもあるが、最後の生徒会長のメタ発言みたいな指摘にもあったように人間的な変化もでてきて、キャラクターとして今後どんな行動していくかも読んでいけるポイントだった。
    ストーリーの根っこは名参謀の仙波亜希による謎解きと終盤の学校の授業にも出てきそうな道徳的な問題になるたまが結論を出す、そのなかで今まで知らない人間や意見の相違なんかがうまくほぐれていく・・・、といった感じ。この一話ごとの解決時にキャラの性格とかその時に見せる人間性がそのまま恋愛系の話題にスムーズに持って行きやすくしているのもうまい点かもしれない。
    多少引っかかった点としてはそのうちトリックを暴く仙波亜希の知識量が大きくなりすぎる可能性があるのと、学校内の世界観が狭くなっていた印象を受けたところだろうか。

  • この本は正直買う予定がなかった。まずイラストとあらすじ等を見たファーストインプレッションが、「ツンダラ娘?それにしてもこれはダラけすぎじゃないのか?ぶっちゃけこのキノコあんまりかわいくないし・・・こんな表紙で大丈夫か?」とためらっていたが、とりあえず「一番いい新人を頼む」となるとスニーカー大賞作品しかないなと。
    皆さんのスニーカー大賞への期待が凄い高かったので(ラノベ初心者の自分にはよくわからないがかなり厳しい賞みたいね)結局購入に至った次第。

    どうでもいい前置きが長くなってしまったが、内容としては普通に面白かった。仙波明希がなかなかキレていたし、なにより佐々原三月がかわいすぎる。これが一番ヤラれたところwww

    読んでる時成田は頭の中で「なりた」で進んでた。そうじゃないと毎回名前のところで詰まる。全体的にテンポはよかったので、こんな嫌がらせみたいな苗字・・・

    ただ、ぺーぺーの自分から見ても「ただの」面白い作品でしかなかった。いや、それでいいのかもしれないが、大賞ならもっとインパクトがあってもよかったかと。
    角川は既にメディアミックス展開するき満々の様。意外とそっち方面の方が小説より楽しめそうなんだが・・・

  • 学園ミステリーもの。自分は一般的に頭が良い子が好印象になるのだけど、本作では眼鏡の仙波明希よりもポニテの佐々原三月の方がかわいい。あと、小動物系の中瀬華も見所。限られた登場人物と設定条件から4つのシナリオを広げて、かつ背景となるエピソードを突っ込んだ内容は上手いと思う。佐々原さん、ツイテにならないかなあ...

全24件中 1 - 24件を表示

玩具堂の作品一覧

玩具堂の作品ランキング・新刊情報

子ひつじは迷わない 走るひつじが1ぴき (角川スニーカー文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

子ひつじは迷わない 走るひつじが1ぴき (角川スニーカー文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

子ひつじは迷わない 走るひつじが1ぴき (角川スニーカー文庫)の作品紹介

生徒の悩みを解決に導く「迷わない子ひつじの会」。そのメンバーである成田真一郎は、寄せられる風変わりな相談に大奔走!そんな時出会ったのが、生徒会室の隣を隠れ家にするボサボサ頭の仙波明希。ダラリと本を読んでいる彼女に、なにげに相談について聞くと、毒舌だけどとても的を射ていて-!?実は生徒たちに「子ひつじの会」が広まったのは、この仙波の活躍があってこそだった!-第15回スニーカー大賞"大賞"受賞。

子ひつじは迷わない 走るひつじが1ぴき (角川スニーカー文庫)はこんな本です

子ひつじは迷わない 走るひつじが1ぴき (角川スニーカー文庫)のKindle版

ツイートする