ちーちゃんは悠久の向こう (角川文庫)

  • 239人登録
  • 3.26評価
    • (10)
    • (18)
    • (33)
    • (14)
    • (2)
  • 30レビュー
著者 : 日日日
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2010年6月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (201ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044810146

ちーちゃんは悠久の向こう (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • どこかで何かが破綻していた。世界はきっと決壊していた。僕の日常は崩壊していた。
    それでも彼女は何も変わらない。
    僕はちーちゃんに溺れている。
    この最後の文章がたまらなく好き。

  • オカルト大好きなちーちゃんと、虐待に耐え続ける主人公のモンちゃん。お互いが依存しあっている中での青春を描いた作品。ただ、この二人の関係が甘酸っぱく描いているだけではなく、文章の所々が気恥ずかしく思える作品。ライトノベルというか、病んでいるというか中二病というか。
    しかし、この日日日さんのデビュー作を加筆修正された作品だと聞き、納得いたしました。恥ずかしく思える文章表現も青春真っただ中の高校在学中の作品とのことなので納得。
    ただし、ラストスパートの話展開や読後感はよかったです。

  • 切ない…

  • 日日日さんのデビュー作。
    ちーちゃんは悠久の向こう。

    世界観はすごくすきだし、
    こういうくらい話は大好きだけど、
    もう少し救いが欲しいなぁ。

    救いなんてこの世にはないんだろうけど。

  • 救いがない話は好きじゃないな。

  • ごめんなさい。
    よくわからない。

    というのが一番正しいレビュー。。

    謎のちーちゃんと少年悠斗。
    この二人+αの関係が掴めずに不完全燃焼で終わる作品。

  • 怖かった。ホラーだ。でも、”僕”の現実の強烈さと、ちーちゃんの非日常が、見事に対比されていて、勢いで読めるだけに引き込まれた分、怖い。

  • あらためて読むとかなり読みづらい本だった。。

  • 日日日さんのデビュー作。映画になりそうだわと思ったらなってた。

  • 多くの方が仰っているように、高校生にしてこの文章力、語彙力は天賦の才と言わずにはおけない。ただやはり、ストーリーの荒削り感は否めない。高校生らしい、と言えばそれまでだが。意外にも、読後二三日経つが、胸に残る作品である。それは映画版を観て仲里依紗の可愛さにやられたからなのかもしれないし、文章力に圧倒されたなのかもしれないし、理由は定かでない。

全30件中 1 - 10件を表示

ちーちゃんは悠久の向こう (角川文庫)のその他の作品

日日日の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

ちーちゃんは悠久の向こう (角川文庫)に関連する談話室の質問

ちーちゃんは悠久の向こう (角川文庫)はこんな本です

ちーちゃんは悠久の向こう (角川文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ちーちゃんは悠久の向こう (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ちーちゃんは悠久の向こう (角川文庫)の作品紹介

「あぁ…幽霊が見たいなぁ」-オカルト好きな幼なじみの少女・ちーちゃんに振り回されつつも、穏やかな日常を送ってきた少年・悠斗。高校入学を機にオカルト研究会に入った、ちーちゃんの"香奈菱高校七不思議"探究につきあわされた悠斗は、そこである怪異に遭遇する。以来、二人の"変わるはずのない日常"は崩壊し…。いつか終わりのくる少年少女の青春時代、それを瑞々しく描いた、日日日の鮮烈デビュー作、復活。

ツイートする