大奥のサクラ 現代大奥女学院まるにっ! (角川スニーカー文庫)

  • 86人登録
  • 3.48評価
    • (3)
    • (5)
    • (12)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 日日日
制作 : みやま 零 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2011年12月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (295ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044810191

大奥のサクラ 現代大奥女学院まるにっ! (角川スニーカー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • メインキャラも平気で死ぬから驚きっ!

  • けっこう容赦なくメインキャラ退場させるなぁ・・・

  • 知略戦・友情・恋愛がこれでもかというほどきれいにハマっていて,とても濃かった.“豊臣の時代”+“大奥で血みどろの異能バトル”というトリッキーな世界観にちょっとグロ表現を混ぜたイマドキのラノベだと思っていたけど,完全に騙されていた.魅力ある主力キャラをこれでもかというほど千切っては投げ千切っては投げする日日日氏がさすが.今巻は主人公の出生の秘密や絲姫の策略が明らかになったところで一旦リセット…どう続けるんだろう.ラスボス絲姫は想像以上にキレイじゃなくて萎えた.話は期待以上で面白かった.

全3件中 1 - 3件を表示

日日日の作品

大奥のサクラ 現代大奥女学院まるにっ! (角川スニーカー文庫)はこんな本です

大奥のサクラ 現代大奥女学院まるにっ! (角川スニーカー文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

大奥のサクラ 現代大奥女学院まるにっ! (角川スニーカー文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

大奥のサクラ 現代大奥女学院まるにっ! (角川スニーカー文庫)の作品紹介

大奥女学院の行事"花しらべ"-それは身体測定!硝子壁の学園だから、触れることは出来ないが出資者は鑑賞できちゃう一大イベントなのだっ。そこに登場した序列四位の『金獅子』と『銀狼』が再会した時、大奥を殺し合いの学園にした元凶である序列一位『絲妃』を倒すバトルロイヤルが始まる!一方のさくらと秀影はらぶらぶデートなんて、はしゃいでいたら、さくらの身体に深刻な事態が起こり!?美少女たちの戦国学院、第2幕。

大奥のサクラ 現代大奥女学院まるにっ! (角川スニーカー文庫)のKindle版

ツイートする