最もシンプルな世界史のつかみ方 メソポタミア文明から現代まで――世界を動かす軸が見えてくる

  • 12人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 祝田秀全
  • KADOKAWA (2017年8月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046004703

最もシンプルな世界史のつかみ方 メソポタミア文明から現代まで――世界を動かす軸が見えてくるの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • タイトルを『世界史の力学』や『世界史の経済覇権』とでもしたほうがいい。

全1件中 1 - 1件を表示

祝田秀全の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

最もシンプルな世界史のつかみ方 メソポタミア文明から現代まで――世界を動かす軸が見えてくるはこんな本です

最もシンプルな世界史のつかみ方 メソポタミア文明から現代まで――世界を動かす軸が見えてくるを本棚に登録しているひと

最もシンプルな世界史のつかみ方 メソポタミア文明から現代まで――世界を動かす軸が見えてくるを本棚に「読みたい」で登録しているひと

最もシンプルな世界史のつかみ方 メソポタミア文明から現代まで――世界を動かす軸が見えてくるを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

最もシンプルな世界史のつかみ方 メソポタミア文明から現代まで――世界を動かす軸が見えてくるを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

最もシンプルな世界史のつかみ方 メソポタミア文明から現代まで――世界を動かす軸が見えてくるの作品紹介

世界史の教科書を何度読んでもスッキリと理解できないのはなぜなのか?
人名や国名、事件の名前、年号……。情報は溢れるほど詰め込まれているのに、それぞれが何を意味しているかわからない。
それは「“世界史の軸”がどこにあるかをつかんでいないから」です。

世界史はメソポタミアの昔から現代まで、一本の長い軸に貫かれています。
その軸に沿って流れを追っていけば、これまでバラバラに見えていた事件や人々が繋がり合い、ひとつの大きな物語が浮かび上がってきます。

ではその“世界史の軸”とは何なのか?
それは“覇権国家”です。
覇権国家とはその時代その時代に世界の大きなシステムを作ってきた超大国のこと。
この覇権国家の動きと、それに対する敵対国や周辺国の対応が世界史を形作り、時代を推し進めてきたのです。
本書ではその覇権国家の視点から世界史を再構成し、教科書よりも遥かにスッキリとわかりやすい内容にまとめました。
読み終えた時に、これまでの世界史の見え方がガラリと変わっていることに気づけるはずです。

最もシンプルな世界史のつかみ方 メソポタミア文明から現代まで――世界を動かす軸が見えてくるのKindle版

ツイートする