コミック版 9割がバイトでも最高のスタッフに育つ ディズニーの教え方

  • 64人登録
  • 3.83評価
    • (3)
    • (4)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : 花園 あずき  福島 文二郎 
  • KADOKAWA/中経出版 (2014年12月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (174ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046005830

コミック版 9割がバイトでも最高のスタッフに育つ ディズニーの教え方の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 人に何かを教える(伝える)時に、自分の都合ではなく相手の気持ちになる。
    目先の結果より長い目で見ることが結果的には近道になる。
    やりたくないと思われる仕事には、仕事の意味ややりがいを伝えることが重要。

  • ディズニーのホスピタリティを中心に書かれたもの。

    人を育てるには、まず自分から。
    自らの姿で人を育てる。そして、共通の理念のもとに、行動の優先順位を決め行動。
    こうした理念を共有するために、何が大事なのか、何を目指すのかを、その人の気持ちになって、時間・場所なども考慮し、伝えていく。
    お客様にこうして欲しいという姿勢を実際に、後輩・部下に見せることでその姿を伝えていく。

    そうしたことがより実践的にわかりやすく、また漫画のためさっくり読める。

    自分の姿を見直すもとになる。

  • 立ち読みで読了。
    ディズニー流のマネジメントは学んでおきたいところ。

    ミッションの設定、共有と浸透。浸透には一年はかかる。
    行動指針の設定。ディズニーの場合は、SCSE。safety、courtesy、show、efficiency。
    任務の重要性を認識してもらう。トップ自らが取り組む。みんなで褒める文化を醸成する。
    人を見て、人にあったマネジメントを実践する。
    人は自分が扱われたように人を扱う。
    ディズニーではカストーディアル、すなわち清掃係が人気職種。

  • ホスピタリティ・マインドの話。
    この本は良かった。後輩指導や同僚との接し方など仕事でも使える。

    一番心に残ったのは「人は、自分が扱われたように人を扱う」という言葉。

    ちなみに、カストーディアル(清掃係)が1番人気のキャストとは知らなかった。

全4件中 1 - 4件を表示

コミック版 9割がバイトでも最高のスタッフに育つ ディズニーの教え方はこんな本です

コミック版 9割がバイトでも最高のスタッフに育つ ディズニーの教え方を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

コミック版 9割がバイトでも最高のスタッフに育つ ディズニーの教え方を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする