ブクログ大賞

どんな問題も「チーム」で解決する ANAの口ぐせ (単行本)

  • 371人登録
  • 3.44評価
    • (14)
    • (32)
    • (33)
    • (14)
    • (2)
  • 42レビュー
  • KADOKAWA/中経出版 (2014年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046006028

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
OJTソリューシ...
三浦 しをん
デール カーネギ...
松下 幸之助
有効な右矢印 無効な右矢印

どんな問題も「チーム」で解決する ANAの口ぐせ (単行本)の感想・レビュー・書評

  • 新しい発見が数多くあった。
    当たり前のことばかりだけれど、考え方を改めさせる事柄も数多くあった。 勝手にこれが正しいんだと、思い込んでいたこともあった。
    なんとなくわかっていたけれど、その正体が分かったこともある。
    最後に自分自身に向けて言うとすれば、実行するのは全く別次元のこと。私がこの本を活用できるとすれば、真摯であれということかな。
    また時間をおいて、読んでみて、自分の進歩を確認してみたい本だ。

  • 気付いたことは気付いた瞬間に口にする
    ○○した方がもっとよくなる
    匿名、誰→何

  • お客様のためを思いおせっかいをする。お客様と考えるのは、お金を払うお客様だけでなく、社内のほかのスタッフも。お互いを尊重し、気づいたことは間違っていても確認する。大切な心がけだと感じた。

  • 広報、安全、接遇、チームワーク(他職種連携)といった観点で以前から気になっている企業であるANAさんについて知りたいと思いましてANAさんに関連する本を数冊購入したうちで最初に読んだのがこの本でした。
    4ページ程度でヒトネタが完結するので、持ち歩いてちょっとした空き時間ができたときに読むにはちょうどよい本でした。
    一つ一つのネタがあっさりしていながら味わい深く、ますますANAさんに興味がわきました。
    でも、航空機に乗る機会がとても少ないのが残念なところです。
    付箋は21枚付きました。

  • PHRASE24は看護学生にも伝えたい言葉です。

  • ビジネスの基本を、ANAの中ではどうしている・・・という視点で書かれてる。
    ANAの業績回復の要因は、現場レベルでは決して特別なことをやったわけではなく、基本的なことを徹底して見直し、そしてそれを継続すること…だったということか。
    ”あいさつをする・身だしなみを整える・メモを取る…「当たり前のことほど真剣に」”こういったことを、知らず知らずないがしろにし、仕事の上での信頼を崩しているんだ、と痛感させられる。
    仕事の成果にミラクルはなく、基本をいかに忘れず、そして積み重ねることが大切だと思い起こす人もいるかもしれない。
    少し、慣れやルーティンに陥り、成果を出せないと悩んでいるビジネスマンにはオススメしたい。

  • 航空会社のANAが現在までに成長してきた人材開発や組織運営のノウハウについて書いた一冊。

    読んでいて当然と思える事柄が多いですが、それを仕組みとして取り入れたり、組織として末端まで考えが浸透するまで徹底しているところは以前書籍で読んだことのあるスターバックスや無印良品と通じるところがあると感じました。

    ただそんななかでも失敗に対する考え方など人間の本質に基づいて、業務をどう円滑に進めていくかを考えていくあたりはすごく勉強になりました。

    組織としてどれだけ自分以外のお客様や社員の人に貢献できるかを考えて仕事をしていくことが、今のANAの成功に繋がっていてまた自分自身を成長させることでもあると感じました。
    おせっかいと言われるくらいに相手のことを考えている同社、9.11や東日本大震災などにも負けずにここまで来られた理由が本書を読んで深く理解できました。

  • anaの口ぐせ
    6月27日 16:18 ・
    読了。星1つ。

  • 人の命を預かるビジネスだから、危機感が違うのかもしれないと思った。人が変わると企業も変わる。企業風土の重要性を感じた。

  • どうしよう。

    グッバイ・ウェーブ、

    なぜか、涙出てきた。



    一朝一夕で組織なんてできません。

    サービスなんて、なおさら。


    勉強になりました。

    活用させていただきます。



    ただ、NH…

    もうちょっと安くなりませんか?

  • 安全第一の中でどうやってヒューマンエラーをコントロールするか、大所帯の風通しを良くしているか、具体的な例を挙げて書いてある。企業にいる特に経営者には参考になるのでは。著者が人1人ではなくソリューション担当一同という書き方も面白い。

  • 当たり前のようでなかなかできない、がまとまっている本。航空業界なのになぜ、他業種の研修でこんなに使われているか納得しました。
    細かなことでも声を掛ける、失敗はみんなで共有する、とことんチーム力を追及することが成功の秘訣だと思いました。

  • ANA関連書籍ということで読んでみました。

    今回はANAのスタッフが長年の先輩後輩への伝達で実践されている
    文化を口ぐせとして紹介しています。

    パッと読むとなんていい会社なんだ!という感じです。

    伝統がありすぎる会社の場合、
    ないことが伝統になってしまっているような風通しの悪さとは
    真逆の組織の風通しの良さやチーム力で様々な危機を
    乗り越えてきたという説明です。

    当たり前のことが多いのですが、それを着実にやりきることが
    大切と本書は何度も記述されています。

    ・いつでもだれとでも雑談する
    ・自分以外はお客様と思って接する
    ・個人ではなくチームで仕事をする

    など、納得なANAの仕事の仕方がいろいろ載っています。

    あと、社内で褒め合う文化って良いと思いました。
    口頭だと恥ずかしいので、カードで渡すっていう発想は
    女性が多い職場のANAならではと感じました。

    基本に立ち返るための自己啓発関連書籍としては最適と思います。

  • ANAは強い。なぜならこの地味で粘りず良い改善が翼を鍛えている。それを見せつけられたような気がする。
    "オレたちが整備した飛行機に乗っているお客様に手を振ってもらえるなんて、幸せなことじゃないか"

  • おせっかい。
    この考え方はどこでも活かせる。

  • 2015年2月8日 ANAの企業風土が描かれた一冊!
    大半の企業は、ごく当たり前のことが社員に徹底されず、苦労し企業風土で悩んでいる。この本の中には、特に斬新な事が書いてあるわけではないが、ごく当たり前のことを社員が意識しながら『接遇』しているANAの素晴らしい企業風土が垣間見えた一冊でした。

  • ちょっと前に本屋で平積みになってたので…ぱらぱらとめくってたら使えそう。

    教育を学んだ者にとって、目新しいことが書かれているわけではありませぬ。でも、日々忙しい中で忘れがちな「基本」は、時々こういう本を読むことで思い出せる。これが大事だと自分は思う。社員教育も、学級経営も、基本は同じ。

    各小見出しは、短くまとめられているので、生徒に話をするときにも効果的に伝えるのに○。

  • ビジネス書(特定企業)
    ANAの社風(チームワーク、コミュニケーション)について書かれた一冊。Positiveで眩しい。でもスレてしまった人は心を無にして一度目を通してみるとよいのかもしれない。

    TEAM ANA Knowledge Operation
    →現場の気づきを発信。スタッフは2W以内に返信。
    →情報発信すると得するしくみ。

  • 【0110】個人よりもチームの成果。プロ意識。クルーを演じること。自分が規範になるように。おせっかい。セルフチェック。仕組みづくり。権威勾配。一人一人に役割を。小さいことほど丁寧に。当たり前のことほど真剣に。仕事は段取りが8部。自分以外は皆お客さま。主語は誰か。

  • グループワークやチームで行動を行う際に応用可能な点が多く読んでよかったです。
    加えて、「あたりまえのことをあたりまえにする。」ということを伝えられていると感じました。

    そんな話は置いといて、特におもしろいなと感じた点を5つメモ。

    1.「仲良しチームはいいチームではない」
    権威勾配という考え方をみんなで共有する。
    簡単に言うと「最終決定者を決めておく」ということ。
    あまりに垂直的組織だと部下の意見は生きない。
    かといって仲良しだと意見がまとまらない。みんながみんなを認める。
    だから、権威のある人が最終決定を下すことが大切だし、日々の出来事に応用するのであれば、そういう役割を事前に決めて置くことが大事。

    2.「あの人をお手本にしよう」
    誰を見本にすべきか。ということを見える化するということ。
    社内に手本とすべきことを「可視化」することで2つのメリットがある。
    1.お手本となった人の振舞が良くなる。
    →これは普段から良い人がさらに良くなる、加えて、その良い姿勢を維持するためのインセンティブにこの制度(可視化)がなるということ。

    3.「仕事は段取りが八分」
    作業と準備を同時並行することは、ストレスと疲労を生み出す。
    だから、事前準備をすることで作業のみに徹底して集中できることが作業パフォーマンスの上で大事。

    4.「おはようございます。その後に、必ず一言」
    気に入ったフレーズ(教訓)がありました。これ!

    あ…あかるく。暗い声であいさつするのではなく声のトーンを上げて明るい一言。
    い…いつも。毎日気分によらずあいさつ。
    さ…さきに。部下や後輩からあいさつするのが当たり前ではなく、あいさつは気がついたほうから先に、自分があいさつする。
    つ…つづけて。朝の「おはよう」に続けてなにか一言添える。

    5.「判断基準は、お客様はどう感じるか?」
    お客さまの前では「おしゃれ」ではなく「みだしなみ」が大切。
    おしゃれ…自分の魅力を伝える、もしくは、あらわすもの。
    みだしなみ…相手の望むものを考えてする装い。(例:スーツは清潔感と誠実さ、安心感を与える。機内の人がTシャツパーカーとかだと不安でしょうがない)

    上記の5点は個人的にためになりました!
    みなさんも、もし、チームワークにおける自身の振舞に悩みがありましたら読んでほしいです!

  •  ANAグループには、その社員三万人の一人ひとりが日々、何気なく使う言葉=「口ぐせ」があり、その根底には、「TEAM ANA」に脈々と受け継がれている「おせっかい文化」があります。
    「おせっかい」を一人ひとりが実践することで、『「チーム」でコミュニケーションを活発にとり合う風土』できあがります。

     詳細なレビューはこちらです↓
    http://maemuki-blog.com/?p=4413

  • 違うチームが同じようなことをやっていて、そのメンバーが複雑にからむスタイルが根元。閉じられた飛行機という中で瞬時に安全最優先で動くのは多くの経験を共有することが重要なんだろう

  • チームとして品質、サービス、安全といった顧客満足が追及され、育まれるしかけと意識があることを感じた。
    ダブルチェックのリスクや手順書作成のきもなど、参考になった。
    一方で、自らの組織を振り返ると、ひとことの声掛けやグッドジョブ・カードなどは、まだまだ根付きそうにない。強力かつ粘り強い意識改革の必要性も感じた。
    14-181

  • ANAの人材教育について述べられている。研究室運営の立場からみて、生かせる姿勢もあって、例えば、「研究しよう」ではダメで研究する「しくみ」が必要、って解釈できる箇所があって、なるほど、スローガンではなくて具体的な仕組みを教員が提供すればいいのだ。授業も一緒だ。

  • 何か気づいたとき、『まあいいか』と思ってそのまま流すか、それともきちんと行動に移せるか?
    一見、簡単なことかもしれないが、これができる文化がある会社が強いということを教えてくれる本。
    ほとんどの会社は、上司や他部署のことに口出しすることを遠慮していると思うので、これができたら強いのでは。

全42件中 1 - 25件を表示

どんな問題も「チーム」で解決する ANAの口ぐせ (単行本)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

どんな問題も「チーム」で解決する ANAの口ぐせ (単行本)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

どんな問題も「チーム」で解決する ANAの口ぐせ (単行本)を本棚に「積読」で登録しているひと

どんな問題も「チーム」で解決する ANAの口ぐせ (単行本)はこんな本です

ツイートする