1日ひとつだけ、強くなる。 世界一プロ・ゲーマーの勝ち続ける64の流儀

  • 196人登録
  • 4.07評価
    • (25)
    • (19)
    • (12)
    • (3)
    • (1)
  • 18レビュー
著者 : 梅原大吾
  • KADOKAWA/中経出版 (2015年7月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (261ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046006417

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
ベン・ホロウィッ...
又吉 直樹
伊賀 泰代
有効な右矢印 無効な右矢印

1日ひとつだけ、強くなる。 世界一プロ・ゲーマーの勝ち続ける64の流儀の感想・レビュー・書評

  • 成長のループを習慣化。

    成長の実感→モチベーション(及び練習)→成果
    →成長の実感→モチベーション(及び練習)→成果

    「今日一日を思い返してみて、
    更なる成長のために何か気づいたことはないか」自問し、
    思いついた事をメモする。

    あなたが、小さな成果に向けて今始められることは何ですか?

    rpg-habit.com 20冊目

  • 自分を客観視して分析し続け、1回の勝ち負けにこだわらない仕組みを構築しているのがすごい。沢庵和尚の不動智神妙録と似てることを言っている。たまげた。

  • ■要約
    継続的な勝ち
     一度きりの「価値」なら運や要領で実現
     何度も勝ち続けたいなら、それなりのやり方が必要
    勝利に感情は不利
    腹を立てるのは相手をコントロールしたいと思うから
     腹が立ったら「自然現象だ」と思うようにする
     苦手な相手もゲーム感覚で攻略する
    どうにもならない事は受け入れる
    劣勢になったら、とりあえず一歩引く
     引いた後どうしようなんて考えなくていい。まずは引く
    自分にしか分からない小さな成果を「自信」にする
    場面ごとの最適解ではなく、全体を見ること
    感情は行動で変わる
    外からの称賛に頼っているだけでは、結局は本当の自信にならない
     自らを支えることが必要になる

    ■行動
    1日1つだけ成長をメモする
    まず既に確立された基本を学び、セオリーを取得する

  • *各シーンでの勝ちに価値はなく、総計で勝ちを取れるようにする
    *人のアドバイスはまずは100%信じてみる
    *小さな成長のサイクルを作ることでモチベーションを上げる
    *失敗やダメージを受けても、勝つ根拠を持っているか否かで変わる
    *今日の勝敗は、明日の結果を保証するわけではないから、毎日挑戦し続ける。

  • 一事を極める人の考え方は万事に通じる。
    まっすぐ、行きていくために大切な、心のあり方を綴った一冊。

  • 世界レベルでしのぎを削った筆者ならではの迫力。神話の冒険者の物語などの基本通りの構成ゆえに読みやすい。

  • プロゲーマーによる生き方、スタンス。
    とにかくいちど真似したりやってみたりするところが好き。

    C2034
    蔵書

  • こんな事考えて、かつ実践してるんだからそりゃ強いわなぁ。
    USF4終盤では鬼の様に強かったし、5でも魅せてほしいもんですね。

  • 同じ著者の本を続けて2冊読んだが、どうにも肌に合わない。その理由を考えると、この著者の場合、自分の経験をベースにそれを一般化・断定しているからではないかと思った。つまり、「この人はそういうやり方で成功したけど、それは自分には当てはまらないなぁ」と感じてしまうのだ。また、とにかく「勝つ」という言葉が頻出するが、個人的にこの言葉にあまり魅力を感じないことも原因のひとつであるような気がした。あと、よく考えれば、私は格ゲーがそんなに好きじゃなかった! まぁ、人によってはいい本かもしれない。

  • 1日ひとつだけ成長する。ハードルは低いほうがいい。何よりも継続する事が大事。

  • 最近、人生ではじめてPvPゲームにハマったので読んでみた。
    印象に残った部分をメモ的に残しておこうと思う。

    ・劣勢時はとにかく一度退く。その結果のことは考えない。
    ・局所的な戦い方をせず、大局的に戦う。
    ・90 vs 0のような圧勝は、敵の焦りなどの感情を生み、こちらの思いがけない行動を生みやすい。よって、60 vs 40のような勝ちをステディに行えるのがよい。
    ・場面ごとのパターンを記憶する。この記憶の量(≒経験値)は多いほどよい。
    ・奇をてらった行動は慎む。負ける時もいつも通りの行動の上で負ける。これは次の試合でもいつも通り戦うため。
    ・ずっと続けるなら、大きな目標は持たない。達成時に燃え尽きないために。

  • 勝負の世界に生きている人は言葉に迷いがなくて気持ちいいな、と感じる一冊でした。

  • 梅原さんの歴史を振り返りながらの話しになっている。ゲームの話しになっており、興味がない方は?となるかもしれないが、実社会にとても役立つ内容です。内容というより、過去を振り返りながらの話しの為、エッセイやコラムに近い。時々取り出して読むと良い。
    特に準備して望む。このことの難しさを痛感する。最近の良書です。

  •  反射神経や頭の柔軟性が要求されるゲームの世界で30歳を過ぎてなお、世界の第一線で活躍している著者。ギネスからは、「世界で最も長く賞金を稼いでいるプロ・ゲーマー」の認定も受けています。
     本書は、著者が、「勝ち続ける」ためにしてきた取り組みや考え方を、具体的な体験を交えてまとめた一冊です。

     詳細なレビューはこちらです↓
    http://maemuki-blog.com/?p=6685

  • 強さとはなにか、自信とはなにか

全18件中 1 - 18件を表示

1日ひとつだけ、強くなる。 世界一プロ・ゲーマーの勝ち続ける64の流儀を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

1日ひとつだけ、強くなる。 世界一プロ・ゲーマーの勝ち続ける64の流儀を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

1日ひとつだけ、強くなる。 世界一プロ・ゲーマーの勝ち続ける64の流儀を本棚に「積読」で登録しているひと

1日ひとつだけ、強くなる。 世界一プロ・ゲーマーの勝ち続ける64の流儀の作品紹介

「目標は低いほどいい」「勝負に感情はいらない」「技術より"視点"が大事」17歳で世界一、34歳の今も勝ち続ける著者が語る勝敗を分けるポイント。

1日ひとつだけ、強くなる。 世界一プロ・ゲーマーの勝ち続ける64の流儀はこんな本です

1日ひとつだけ、強くなる。 世界一プロ・ゲーマーの勝ち続ける64の流儀のKindle版

ツイートする