男の子の一生を決める 0歳から6歳までの育て方 (中経の文庫)

  • 92人登録
  • 3.68評価
    • (5)
    • (5)
    • (7)
    • (2)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 竹内エリカ
  • KADOKAWA/中経出版 (2015年8月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046013484

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
デール カーネギ...
松下 幸之助
村上 春樹
伊賀 泰代
村上 春樹
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

男の子の一生を決める 0歳から6歳までの育て方 (中経の文庫)の感想・レビュー・書評

  • 「学力の経済学」を読んだ後に読んだからか、○○したら○○な子になるという事に対する根拠が少ないと思ったけど、たしかにこうすればいいのかもしれない…と子育てのヒントにはなった。
    具体的な言い方、接し方を教えてくれるのがよかった。実践していきたい。

  • 一歳
    やる気を育てる
    できた 成長を認める
    ダメ言わない
    危ない痛いは伝える
    やり方を教えない何をするか
    言っても耳に入らないのは成長

    二歳
    集中力
    自然が好き
    一人遊びはそっとする
    教えて手伝ってを教える
    悲しいさみしい嬉しいを教える
    興味あることを徹底的に
    急に止まる練習をすると落ち着いた子になる

  • 嫁が悩んでおり、ママ友からお勧めされて購入しました。個人的には特筆すべき点は有りませんでした。

  • 転ばぬ先の杖を与えることは、子供のためにはならない。自分でやってみて失敗して学ぶことが大事。

    本文もとても参考になったけど、あとがきに書かれてたことが心に残った。

  • note
    自然のなかで自由に遊ばせること
    ごっこ遊び
    お父さんからのありがとうやごめんなさい

    蔵書
    電子書籍

  • 【子育て・育て方】男の子の一生を決める0歳から6歳までの育て方/ 竹内エリカ/20161011/(130/556) <223/57999>
    ◆きっかけ
    【子育て・教育】女の子の一生を決める0歳から6歳までの育て方/竹内エリカ/20160825(104/530)<223/51281>を読んで。

    ◆感想
    ・ほぼ女の子~版と同じ。0歳~6歳とあるので、ベーシックなもの、精神論ばかり。
    ・気にかけているということが自信につながる?わからんが、今日はどうだった?という質問はあまりよろしくないのはわかった。

    ◆引用
    ・できるだけ、ダメ!と言わないで、やらせる。トライ&エラーすることで必要な能力を身に着ける。道を開いていく
    ・人間力を育てる要素=学ぶ力(好奇心、やる気、集中力) + 社会で生き抜く力(自立心、我慢、思いやり、自信)
    ・自信=あなたのことを大好きな人は誰?と質問。出来るだけ多くの人が上がってくると自信があるということ
    ★父親の関心が自信を深める=承認する(いつも見てるよ、気にかけているよ)例)今日は青い服だね。青い服が涼しげだね。NG)青い服がかっこいいね(ほめなくていい)
    ・NG)今日は何があった?最近どうだ?=>子供は何を答えていいかわからない。詮索されているよう。例)沢山の本を読んでいるね。

全8件中 1 - 8件を表示

男の子の一生を決める 0歳から6歳までの育て方 (中経の文庫)を本棚に登録しているひと

男の子の一生を決める 0歳から6歳までの育て方 (中経の文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

男の子の一生を決める 0歳から6歳までの育て方 (中経の文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

男の子の一生を決める 0歳から6歳までの育て方 (中経の文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

男の子の一生を決める 0歳から6歳までの育て方 (中経の文庫)の作品紹介

男の子のわんぱくは社会を渡り歩く土台。この芽を摘まないこと。6歳までに基礎ができれば、大人になって自立する! 20年間で12,000人の子どもをみてきた著者が男の子に合った育て方を教えます。

男の子の一生を決める 0歳から6歳までの育て方 (中経の文庫)はこんな本です

男の子の一生を決める 0歳から6歳までの育て方 (中経の文庫)の単行本

男の子の一生を決める 0歳から6歳までの育て方 (中経の文庫)のKindle版

男の子の一生を決める 0歳から6歳までの育て方 (中経の文庫)の単行本(ソフトカバー)

ツイートする