ぬかよろこび

  • 39人登録
  • 4.20評価
    • (5)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 嬉野雅道
  • KADOKAWA (2017年5月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046015525

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
朝井 リョウ
恩田 陸
又吉 直樹
村田 沙耶香
ウォルター・アイ...
伊坂 幸太郎
鈴木 陽一
宮下 奈都
有効な右矢印 無効な右矢印

ぬかよろこびの感想・レビュー・書評

  • サラリーマンのおっさんの2作目。うれしーは、また奥さんのファンを増やしたね。わんこと奥さんの話にホロっとしちゃいました。

  • どうでしょうのうれしー、しか知らずに読んで、引き込まれました。綿に沈み込むような感覚。

  • 水曜どうでしょうでおなじみの嬉野さんの本。エッセイ集なんだけど、ものすごく良い話と、ものすごくどうでも良い話が重なり合ってる不思議な本。全て良い話にしてしまうと説教くさくなってしまうので、適宜混ぜているとは思うんだけども、玉石混淆感がなんとも言えず良い味になってる。水曜どうでしょうが面白いのは、この人の影響力も大きいんだな、と改めて感じた。書いて有ることはうなずける内容が多く、参考にしたい事も多かった。久しぶりに妙な本を読んだなーという印象w

  • 相変わらず軽い気持ちで読める、うれしーの2冊目。
    水曜どうでしょうの話もあれば、ご家族の話もある。語り口調の話の中に大事な人生の心理も見え隠れして、ああなるほどと思いながら読めた。

    個人的には第12話が印象的で、責任というものとの付き合い方を考える話だった。
    もちろん確固とした結論があるわけではないけれど、お父さんのお話とどうでしょうの話というかけ離れているような話題から浮かんでくる真理は興味深かった。

  • あーーうれしーに2冊めでも泣かされてしまった…
    前半の数話はそれでも「相変わらず読みやすいなあ、エピソードの繋げ方が上手いなあ」くらいでするする読んでたんですが、
    8話めの水泳の話でやられました。
    あとはもう降参しっぱなし。
    客観視を意識したエッセイは小説の味わいがあるなあ…

    ほよーんとしたメガネのあひるくち中年オジサマ、卑怯なり。

  • 水曜どうでしょう、うれしーのエッセイ。どうでしょう秘話もアリ、グラビアも!?アリ

    2年前嬉野さんが初めて書いたエッセイのタイトルは「ひらあやまり」。そして、2年経って書き上げた本が「ぬかよろこび」実に報われないタイトル展開ですが、全然悲壮ではなく。むしろかなりほっこりです。
    嬉野雅道さんは、水曜どうでしょうのカメラマン。北海道のテレビ局の人です。そんな彼がエッセイ、しかも2冊目ですよ。フレーズの方に取り上げたのは、視聴者に心を開かせる番組を作る、コツ。水曜どうでしょう好きの人は熱烈。だからいわゆるどうバカだけが嬉野雅道に心惹かれるか、というとそうでもない。内容は思いの外人生の真理で、幸福に生きるための秘訣だったりもして・・・
    手にとって、ぬかよろこび、させない一冊です。

全6件中 1 - 6件を表示

ぬかよろこびを本棚に「積読」で登録しているひと

ぬかよろこびの作品紹介

奥さん、お待たせしました!
「水曜どうでしょう」のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道氏が綴る、珠玉のエッセイ第2弾!

『ひらあやまり』から約2年ぶり、待望の第2弾は、うれしー流・人生哲学書!?
読めば、人生観が変わる! ……かも、ですよ~。
“うれしーミニグラビア”も収録です。

<もくじ>
第一話   空港へ向かう電車の中で世にもおかしな人を見た話
第二話   その気もなかったのに、なぜか珈琲の味を究めるお膳立てをされてパニックに陥る男の話
第三話   生まれてはじめての銭湯で、どこで服を脱げばいいのか分からず頭の中が真っ白になった男の話
第四話   欽ちゃんに会ってしまった夜の話
第五話   ぼくのおじさんと、ぼくの家族と、あのころの話
第六話   レジの列にイラつきながら、しかし人類は活性化していたのだと気づく男の話
第七話   人類の遺産はパクられながら後世に受け継がれていくのだと信じた男の話
第八話   小学6年の夏、水泳大会に人生を見た男の話
第九話   高校3年の夏、床屋のオヤジにあんたハゲるよと言われ、7年半引きこもった男の話
第十話   いつか女房と見た映画の話
第十一話  山形県の東根温泉の食堂でかつ丼のうまさに泣く話
第十二話  子供のころ父親に聞かされた不思議な話の答えに、『水曜どうでしょう』のロケ中にたどり着く話
第十三話  おかえり
第十四話  私の人生の恩人たち

ぬかよろこびはこんな本です

ぬかよろこびのKindle版

ツイートする