たった1分ですっきりまとまる コクヨのシンプルノート術

  • 246人登録
  • 3.24評価
    • (3)
    • (7)
    • (19)
    • (5)
    • (0)
  • 12レビュー
  • KADOKAWA (2016年12月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046017611

たった1分ですっきりまとまる コクヨのシンプルノート術の感想・レビュー・書評

  • ノートの前と後ろから上下逆にして書いていくのは使えそう。

  • 時々眺めてみようかな。

  • 人のノート使い方を見るのは、楽しいし、勉強になる。

  • 数あるノート術の本に対する不満は、書いてあることはわかるけど実際のノートがどのようになっているのかわかりにくかったこと。この本ではコクヨの社員が実際に使っているノートの写真が各ページにカラーで紹介されているので文章で書かれていることがとてもよくわかります。画期的といってもよい。唯一の不満はコクヨでどのような仕事をしている人がこのようなノートを使っているのかが、少しわかりにくいこと。ノート術の本のお手本といっておきます。

  • コクヨ社員のノートの使い方を100紹介。中には今まで使ってなかった方法もあったので是非使ってみたい。人のノートの利用法を見るのは楽しい。

  • ビジネス向け。
    ノートを作っているコクヨが出している本なので参考になります!

  • コクヨ社員のノートの使い方本。
    『ノート術』とあるが、そこまでしっかりまとまっているわけでもなく各々の使い方を本人の言葉で掲載してあるので、「ノートの使い方レシピ」のほうが近い感じがした。
    同じノートでも使い方は千差万別で面白いなあと思った。

  • 人様のノートを見ることができる、というのが購入した理由。様々な工夫がされてて、取り入れよう!と思った箇所かたくさんあった。

  • 文具メーカー大手のコクヨさん(ノート販売数で日本一)で働く社員が、どのようにノートを使い仕事をしているかを紹介した本。

    自分もやってみようと思ったアイデア
    ・基本は黒または青で、書き足しは赤いペンで書く
    ・自分のタスクは赤枠で囲う
    ・毎日新しいページを使う
    ・ノートのトップには自分のビジョン、目標を張る
    ・始業前にToDoを書き下ろす

  • ノートの手書きはデジタルよりも脳に近いところにいる感覚で作業ができる。気持ち → 即、行動へと繋がりストレスがない。ノートは書き留めた時の「想い」「空気感」も記録できるので、時空を超えた広大な記憶領域を呼び寄せることができる。

  • いくつもの事例でわかりやすく、自分にあったのを真似しようと思った。

  • 方眼・横罫・無地に分けて、見開きで実際の紙面と使ってる方のポイント解説。
    ノートの綴じ目を上にして(横長な感じで)使ってたり、表と裏と両方から使っていくケースもあって新鮮に感じました。
    ペンでの色分けの仕方も人それぞれ。二色、多くても三色+蛍光ペン一色程度に抑えている方が多かったのも個々の理由を読んで納得。
    そのままそっくり真似することはないだろうけど、参考にしたい使い方・書き方はいくつもありました。
    あと「測量野帳」がかなり欲しくなりました。

全12件中 1 - 12件を表示

たった1分ですっきりまとまる コクヨのシンプルノート術に関連する談話室の質問

たった1分ですっきりまとまる コクヨのシンプルノート術を本棚に登録しているひと

たった1分ですっきりまとまる コクヨのシンプルノート術を本棚に「読みたい」で登録しているひと

たった1分ですっきりまとまる コクヨのシンプルノート術を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

たった1分ですっきりまとまる コクヨのシンプルノート術を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

たった1分ですっきりまとまる コクヨのシンプルノート術を本棚に「積読」で登録しているひと

たった1分ですっきりまとまる コクヨのシンプルノート術のKindle版

ツイートする