いつか別れる。でもそれは今日ではない

  • 192人登録
  • 4.20評価
    • (5)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : F
  • KADOKAWA (2017年4月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046020116

いつか別れる。でもそれは今日ではないの感想・レビュー・書評

  • たしかに癖はある。
    癖があるからこそ、読む人を別世界へいざなってくれる。人によっては中毒性もあるんじゃないだろうか。全てに共感は出来なくても、間違いなく読む人の価値観の一つや二つ、これからの生き方が変わる本。
    自分にはなかった美学をこれでもかってくらい、魅せられた。人を見る目が変わった。
    あざした!

  • 本の中のデザインが素敵で、こういう本も好きで買ってしまった。全体の考え方や結論からするとあんまり分かり合えるタイプではなかったけど、フレーズとしてそこは確かに、と思えるところはちょくちょくあった。引用しておこ。

  • 世界観を変えてくれる本。

  • なにをしても眠れないどうしようもなく長い夜をなんとか越えたいと思うどうしようもない人のためのどうしようもなく最高に冷たい本。

  • 紀伊国屋新宿本店で購入。恋愛エッセイでありながら、恋愛の限界を語った反恋愛エッセイ。しかし本書のエッセンスは恋愛だけではありません。人間関係論、青春論、教養論、そして日常でふとこぼれ落ちてしまうような風景を集め、若い世代が抱える悩みやアンビバレンスに優しく寄り添う、非常に稀有なエッセイでした。ここ数年エッセイから離れていましたが、こんなにも多岐にわたるジャンルで人間を見詰めた本は初めてでした。エッセイジャンルにしてしまうのがもったいないほど、分野横断的で独創性のある本です。
    もともと著者のツイートが好きでしたが、この本でもすべて綺麗事抜きの本音本質が語られており、あくまで十代二十代の世代に向けて、個別の悩みへの現実的な対処法が語られています。一部極論では、と思えるような内容ですら、その文体で説得力を構築してしまうので、内容に好き嫌いはあるかもしれません。
    共感できる内容から辛辣な内容、笑える内容から切ないことまで、まさに怒涛の内容で、あっという間に巻末に辿り着いてしまいました。決して前向きな内容ではありません。巷のポエムめいたものとは、まさに対極にある冷たい内容です。しかし読後にはどこか自分というものを全肯定されたような、暖かい感覚が押し寄せてきます。
    まさに夜に読むのにぴったりの本でした。

全5件中 1 - 5件を表示

いつか別れる。でもそれは今日ではないを本棚に「読みたい」で登録しているひと

いつか別れる。でもそれは今日ではないを本棚に「積読」で登録しているひと

いつか別れる。でもそれは今日ではないはこんな本です

いつか別れる。でもそれは今日ではないのKindle版

ツイートする