世界一わかりやすいロジカルシンキングの授業

  • 16人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 津田久資
  • KADOKAWA/中経出版 (2012年1月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046028044

世界一わかりやすいロジカルシンキングの授業の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 発想とは「自分のあたまの中にあるアイデアを引き出すこと」「潜在的なアイデアを顕在化すること」であり、天才は「引き出す」ことに長けている。
    私は天才ではないので、頭の中のアイデアを引き出すために書き出すことが大切を重要視していきたい。

    また、広く考える場合には、考えていたところと、考えていなかったところの境界線を意識する必要があるとのことであるが、そこが分かれば苦労はしないだろう。。。わからないから考えが狭くなっているわけで、常に意識していくしかないのではないか。

    TODOリストのような、チェックリストは「網羅性」と「具体性」を重要視し、項目に重複があっても優先順位がついていなくてもよいということは、今まで厳しく考えていた自分にとってはやりやすい考えたであった。

全1件中 1 - 1件を表示

津田久資の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

世界一わかりやすいロジカルシンキングの授業の作品紹介

多くの一流企業で行なっている研修の内容がベースになっています。対話形式になっているので、本物の研修を受けているような臨床感を味わいながら、どんどん読み進めることができます。

世界一わかりやすいロジカルシンキングの授業のKindle版

世界一わかりやすいロジカルシンキングの授業の単行本(ソフトカバー)

ツイートする