視えるがうつる! ? 地霊町ふしぎ探偵団 (角川つばさ文庫)

  • 12人登録
  • 3.40評価
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (1)
    • (1)
  • 2レビュー
  • KADOKAWA/メディアファクトリー (2013年8月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046313416

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

視えるがうつる! ? 地霊町ふしぎ探偵団 (角川つばさ文庫)の感想・レビュー・書評

  • 地霊町という町の小学生たちを主役にした短編集。同じ舞台設定ですが違う作家さんが書いています。怪談っぽさを前面に出しているだけあって本格的な幽霊が出てきます。

    ・視えるがうつる?!/越水利江子
    「視えてしまう」現象が、大樹や動物、人へと伝播していくという、この話の根幹を説明しながら、主人公・あやめが体験したことを描いている。
    あやめのお母さんが可哀そう過ぎる。

    ・空を飛ぶラブレター/小島水青
    第一話で主役だったあやめに想いを寄せる大人しめの男の子・光太の話。
    ラブレターババアという新たな妖怪が出てくる。

    ・『おまじないクラブ』へ、ようこそ/宮下恵茉
    陰険な女子が出てきて、おまじないと言う名の呪いを掛けようとする。当然しっぺ返しを喰らう。
    ……という単純な話かと思いきや、割りと親切な霊だった。

    ・ふりむくなの霊/横山充男
    冷静沈着でクールなタイプの男の子が主人公。理屈っぽいだけに、霊の事なんて全然信じてないけど、取り憑かれてしまう。


    子供向けの本なので部分的に因果応報だったりするんですけど、悪いことしてない子が怖い目に遭ったりする。勧善懲悪にはないちょっと理不尽なところは怖さを引き立てるのでいい演出だと思った。

  • 地霊町が舞台の物語を複数の作家が書いています。
    その町にある緑谷小学校の運動場の片隅にあるナギの木と、
    その周囲を毎日清掃して清めている神主のそうじん。
    そのペットの黒子に毎回色々な子供達が関わり、恐怖体験をしたり、霊の為に涙を流したり、過去に思いを馳せたり。

    各作家の癖が強くないのか、この人数で各話を書いている事を殆ど意識しないで読めました。
    特にそうじんと黒子に関してはブレる事がないので良い感じです。
    その分、関わってくる子供達の個性が出てます。

    全体的に怖さは抑えめ。 でも、ちょっとゾクゾクする感覚。 なかなか良い感じです。

    ただ、探偵団とつける程の謎解きがあったようには、感じなかったです。
    各々がその時々で対処しているだけで、組織だって動いてないですしね。

    続編もあるらしいので、読んでみたいと思います。

全2件中 1 - 2件を表示

視えるがうつる! ? 地霊町ふしぎ探偵団 (角川つばさ文庫)の作品紹介

あやめは学校の神木にひたいをあてて祈った夜、謎めいた夢を見る。すると月明かりの神木の下に、何かが視えた!“視える”が次々と伝染り、地霊町に秘められたふしぎが顔を出す。いまだかつてない怪談推理コメディ。

視えるがうつる! ? 地霊町ふしぎ探偵団 (角川つばさ文庫)のKindle版

ツイートする