黒猫さんとメガネくんの学園祭 (角川つばさ文庫)

  • 7人登録
  • 4.40評価
    • (3)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 秋木真
制作 : モコ 
  • KADOKAWA/角川書店 (2015年8月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046315014

黒猫さんとメガネくんの学園祭 (角川つばさ文庫)の感想・レビュー・書評

  • シリーズ2巻目。
    前回が黒猫こと椎名さんが航に告白する話だったので、今回は主人公・優人が美島さんに告白する話かと思いきや、違った。
    今回新たに登場したのが、椎名さんにおしかけ弟子入りした一ノ瀬くん。なかなかの良キャラ。
    椎名さん同様、見た目などから怖がられて人と打ち解けられない感じの子です。
    一ノ瀬くんの登場で、主人公・優人はなんかちょっと心がざわついてる感じがしますけど、まだ美島さんが好きなの……かなぁ。
    椎名さんはまだ航のことバリバリ好きそうですけど。

    椎名さん、学園祭に携われたことが嬉しかったんだねぇ。ストシーンは王道の青春ものという感じで、良かったです。

全1件中 1 - 1件を表示

秋木真の作品一覧

秋木真の作品ランキング・新刊情報

黒猫さんとメガネくんの学園祭 (角川つばさ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

黒猫さんとメガネくんの学園祭 (角川つばさ文庫)の作品紹介

学校で「魔女?」と恐れられる椎名さんと友達になった、地味系男子の優人。椎名さんの今度の相談は「なにものかに後を付け狙われている、呪われているかも!?」という件。その正体はイケメンで有名な下級生で…!?

黒猫さんとメガネくんの学園祭 (角川つばさ文庫)はこんな本です

黒猫さんとメガネくんの学園祭 (角川つばさ文庫)のKindle版

ツイートする