君の名は。 (角川つばさ文庫)

  • 115人登録
  • 3.84評価
    • (15)
    • (7)
    • (10)
    • (4)
    • (1)
  • 16レビュー
著者 : 新海誠
制作 : ちーこ  ちーこ 
  • KADOKAWA/角川書店 (2016年8月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046316417

君の名は。 (角川つばさ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 図書館で借りた本。
    町民1500人という、小さな田舎町の神社の家計に生まれたみつはは、ある日東京に住む男子高校生、瀧と中身が入違ってしまう。瀧との入れ替わりを楽しむようになっていたある日、突然入れ替わらなくなってしまい、瀧は不思議に思っていたが、実はそれには大きな秘密があった。有名な入れ替わりの場面は半分ぐらいで終わってしまったので、このあとどうなるんだと思ったけど、そういうわけだったのか。

  • 大ヒット映画の文庫版。買うつもりはなかったが、いつの間にかカートに。しかも児童向けバージョン。全ての漢字にルビあり。挿絵あり。。。
    面白かったです。
    新海誠氏は、過行く時間をセンチメンタルに描く。
    それに共感できるかどうかは
    読者のロマンチストレベルによる。
    そのロマンチストレベルは何によって形成されるのか。
    きっとドラえもんを読んで育ったかどうか
    によると推測。
    ※2017年5月現在/自信なし

  • 映画よりも描写がわかりやすかった。よかった。

  • S913.6-ツバ-1-1 300511789

  • ・げんじつではありえないけど、かんどうするシーンや、おもしろいシーンがたくさんあっておすすめです。字も大きいし、絵もあるので、本をよむのが苦手という人でもだいじょうぶです。
    ・女の子と男の子が入れ変わって、自分の住んでいる所やいろんなことが変わっていくので、ぜひ読んでみてください。

  • 期待したのもあってか、私にはこの本からはあまり伝わるものがありませんでした(^_^;)

    映画の方がもっと理解しやすいのかな?

  • 映画を観た直後、娘が買っていたので、最後のシーンを中心に読みました。

    まったく映画と同じなんだ。そりゃそうか。

  • 長編アニメーション映画で話題になった物語。

    東京に暮らす男の子・瀧と山奥に暮らす女の子・三葉の入れ替わりをきっかけに物語が展開していく。

    入れ替わりは、それぞれが眠ることで生じ、本人が自分の肉体で目が覚めると、入れ替わっていた時の記憶は夢のように儚く消えてしまい、ほとんど覚えていない。

    「入れ替わり」というと、瀧が三葉である時は、同時に三葉が瀧である、と思いがちなところが、物語を面白くしているポイントだと思う。作中、実際に瀧と三葉も入れ替わりは同時に生じているものと思い、互いの携帯電話に電話をかけてみたりしている。

    実際は3年の月日を隔て、二人は入れ替わっている。
    この時の流れのズレ、絡まりは、三葉や糸守町の住民をティアマト彗星の地球衝突という危機から救うための鍵となる。
    「糸守町」という町の名前、巫女として結わえる「組紐」、自らの一部を捧げる意味を持つ「口噛み酒」、土地の氏神の呼び名「産霊(むすび)」。三葉(瀧が入れ替わった三葉も含む)のあらゆる場面に、物語の鍵が散りばめられていて、それが最後、パズルのように解けていくのが快感でこのお話の面白さだと思う。

    瀧と三葉のやり取りもとてもコミカルで、読み手を引き込む。映画も見てみたいな、と思える一冊です。

  • 映画をまだ見てないけど本はそんなに…?だったなぁ。

  • 本で読むモンじゃなかった、音楽と声優の賜物か

全16件中 1 - 10件を表示

新海誠の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮下 奈都
池井戸 潤
池井戸 潤
西 加奈子
西 加奈子
ヨシタケ シンス...
三浦 しをん
又吉 直樹
朝井 リョウ
夏川 草介
有効な右矢印 無効な右矢印

君の名は。 (角川つばさ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

君の名は。 (角川つばさ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

君の名は。 (角川つばさ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

君の名は。 (角川つばさ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

君の名は。 (角川つばさ文庫)の作品紹介

私は三葉。山にかこまれた小さな町で、おばあちゃんと妹の四葉と暮らす、ごく普通の高校生、のはずだった。そんな自分の人生がイヤになったある日のこと。「東京のイケメン男子にしてくださーい!」って神さまにお願いしたら、なんと、夢のなかで男の子になっていた! ――だけどこの夢、リアルすぎるんですけど! もしかして私、本当に男の子と入れかわってる!? ふりがなつきだから小学校高学年から楽しく読める! 出会うはずのないふたりの奇跡の物語。

君の名は。 (角川つばさ文庫)のKindle版

ツイートする