美女と野獣 (角川つばさ文庫)

  • 3人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : ひと和  鈴木 豊 
  • KADOKAWA (2016年12月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046316745

美女と野獣 (角川つばさ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • つばさ文庫 その3

    2016年12月のつばさぶんこ、です。

    2017/01/17 更新

  • 森の奥の城に住むのは、呪いで野獣の姿に変えられてしまった王子様。彼の呪いを解くのには、誰かを心から愛さなければならなかった。城に迷い込んだ商人は野獣に脅され、その娘ベルを差し出したのだが、野獣とベルは次第に心を通わせていって――名作「美女と野獣」をはじめ七つの物語を収録。

    美女と野獣は今度実写もあるし(吹き替えキャストがすごいんだそう)ディズニーで一番好きで小さい頃は何度も何度もビデオを見ていたので一度原作読んでみたかったのですが、一般に知られている話とは結構違ってるんだなーと思ったり。改めてディズニーのアレンジの巧みさに感心したんだけど、これ以外の話も実に教訓じみてるというか寓話というか説話というか……童話っていうほど心温まるわけでもなく、どこかピリッとしたお説教じみてるところもあって(訳者さんにもよるのかも知れないけど)正直言えば結構つまらなかったな…というところ。まあこっちも最近あんまり読書に身が入らない所為もあるんですが。

全2件中 1 - 2件を表示

ボーモン夫人の作品

美女と野獣 (角川つばさ文庫)を本棚に登録しているひと

美女と野獣 (角川つばさ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

美女と野獣 (角川つばさ文庫)の作品紹介

ある嵐の晩、森の中のふしぎな城にまよいこんだ商人。次の日、おみやげにしようと庭のバラをとったとたん、おそろしい野獣がおそいかかった!「バラを盗んだ罰として娘をさしだせ!」命からがら帰った商人にかわり城にむかったのは、心やさしい娘のベル。はじめは怖かったけど、宝物のように大切にしてくれる野獣のことがだんだん好きになって…世界中で愛されるプリンセス物語の原作のほか、7本のお話入りです。

美女と野獣 (角川つばさ文庫)のKindle版

ツイートする