空間プロデュースの視点 (空間演出デザイン)

  • 23人登録
  • 3.45評価
    • (2)
    • (1)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : 大野木 啓人  京都造形芸術大学  京都造形芸術大= 
  • 角川学芸出版 (2004年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046515209

空間プロデュースの視点 (空間演出デザイン)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 吉本興業、ゼットン、プラン・ドゥ・シー、横浜赤レンガと最近、気になっていた会社やキーワードがまとめて書かれていてびっくりした。

    タイトルには空間プロデュースとあるが、空間というか雰囲気。
    そこがはぐくむ文化、ビジネスモデル、そういったものが書かれている非常に良書だと思った。

全1件中 1 - 1件を表示

空間プロデュースの視点 (空間演出デザイン)はこんな本です

空間プロデュースの視点 (空間演出デザイン)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

空間プロデュースの視点 (空間演出デザイン)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

空間プロデュースの視点 (空間演出デザイン)を本棚に「積読」で登録しているひと

空間プロデュースの視点 (空間演出デザイン)の作品紹介

本書は、「空間プロデュースの視点」と題して、「空間を仕掛ける」とはどういうことかを考えるものである。プロデューサーと呼ばれる人たちに会い、その舞台裏や現場を聞きながら、場づくりの本質を探る。登場した人物は、「空間を仕掛ける」ことにおいては"達人"とも呼べる名プロデューサーばかりである。

ツイートする