角川インターネット講座 (12) 開かれる国家 境界なき時代の法と政治

  • 67人登録
  • 3.07評価
    • (0)
    • (4)
    • (8)
    • (1)
    • (1)
  • 6レビュー
制作 : 東 浩紀 
  • KADOKAWA/角川学芸出版 (2015年6月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046538925

角川インターネット講座 (12) 開かれる国家 境界なき時代の法と政治の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • インターネットで繋がる世界と考えるなら境界のないひとつの国家なのであるのか?
    現実には国家として考えるためには他のものと 分ける必要がある
    あくまでも仮想のつながり

    snsのいいね ⇒肯定表現の可視化
    欲望ユートピア
    ナルシスの海

  • おもしろくなかったので、半分でやめた。

  • 311.04||Hi

  • 難しすぎ

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784046538925

全6件中 1 - 6件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
森田 真生
クリス・アンダー...
有効な右矢印 無効な右矢印

角川インターネット講座 (12) 開かれる国家 境界なき時代の法と政治はこんな本です

角川インターネット講座 (12) 開かれる国家 境界なき時代の法と政治を本棚に登録しているひと

角川インターネット講座 (12) 開かれる国家 境界なき時代の法と政治を本棚に「積読」で登録しているひと

角川インターネット講座 (12) 開かれる国家 境界なき時代の法と政治の作品紹介

インターネットによるグローバル化によって、「国家」を超えたつながりをもてるようになった現代。境界のない世界において、国家はどうなるのか。国と国、個人と個人、国と個人の「境界」の問題について考えていく。

ツイートする