死ぬってどういうことですか? 今を生きるための9の対論 (角川フォレスタ)

  • 188人登録
  • 3.66評価
    • (5)
    • (27)
    • (19)
    • (2)
    • (0)
  • 31レビュー
  • KADOKAWA/角川学芸出版 (2014年9月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046539656

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
堀江 貴文
又吉 直樹
シーナ・アイエン...
堀江 貴文
佐々木 圭一
三浦 しをん
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

死ぬってどういうことですか? 今を生きるための9の対論 (角川フォレスタ)の感想・レビュー・書評

  • ホリエモンも寂聴さんもあくが強くて癖があって反発を覚えることも少なくないけれど、やはり気になる存在。
    そのお二人の対論(対談ではないらしい)というからには是非とも読んでみないと!

    うん、とっても面白かった。
    堀江さんは当然と言えば当然であるが非常に頭にいい人である。しかしながら小難しいことを言わないのがいい。
    漫画からの知識を平然と披露したり、案外と素直に相手の言う事を認めたり。

    それと寂聴さん、とっても御歳90歳を超えているとは思えない!
    記憶力の素晴らしさはさることながら、幅広い知識と新しい物事を取り入れようとする柔軟性に驚かされる。
    それに、90歳を超えた人が京都―東京間を日帰り往復ってあり得ないよね・・・。

    一番印象に残ったのは寂聴さんが繰り返し述べた戦争の怖さについてのこと。
    今の日本はどうも戦争に向かおうとしているということを堀江さんに説き、どんな些細なことも注意を払わなければならないとおっしゃったこと。
    堀江さんは終戦はついこないだのことなのに、と言っていたがこれもアラフォー世代までなのかなと。
    それ以下の世代になると終戦なんて遠い過去なんだろうな。
    戦争の怖さを伝えることが昭和生まれ世代に残された使命なのかもしれない。

    タイトルは「死ぬってどういうことですか?」だけれども、死生観にかぎらず子育て、仕事、政治、原発など多岐に渡るトピックについて討論されていて楽しめた。
    読んで損はない。

  • 対談ではなく対論だそうだが、面白く、対座する二人のそばで聞いているような臨場感あり、サクサクと読み終えた。
    ホリエモンの舌鋒に、寂聴さんが押されているように見える。しかし、実際は、寂聴三蔵法師の手のひらで踊らされているホリエモン孫悟空だったりして!

  • あんまりにも意外なお二人の対談。
    意外性に興味を持ち手に取る。
    しかもテーマが「死」
    寂聴さんはわかるけど、、、、
    ホリエモンと「死」って全く持ってつながらない。
    と思っていたら、
    意外にびっくり
    とても繊細な人でした。
    「死ぬのが恐い」
    子供の頃から、今も。
    死を恐れているからこそ
    生に執着できる。
    「死」だけでなく、
    原発、戦争、景気、、、、、
    意見が一致するときもあれば
    真っ向から反対の時もある
    お互いがお互いを尊重しているからこそ、ああどっちも一理あるなぁーとうなってしまう。
    ホリエモンのほうが根拠、理論が明確で納得せざるおえない。説得力が段違いに感じてしまった。
    寂聴さんの人間力のようなものは、文章だとどうもぼやけてしまった。生で聞いたらもしかしたら少し印象が違うのかもしれない。

    2014年
    kadokawa

  • 本当に面白い組み合わせの対論だと思う。あとがきでホリエモンも書いてたが、好き勝手言い合ってるけど噛み合っているから、互いのキャラが引き立ちとても二人が魅力的に感じた。

  • 原発や憲法改正など時事問題について論じていて死についてはほとんど語られず、これは表題詐欺かと。相当な恨みがあるのかホリエモンは検察の恐ろしさを力説していた。

  • 今から3年は前の対談なので、少しまた感覚も違った。1年のスピード感がここ数年でまた速まっている。これからの時代でどう生きるかについて考える参考になる。本音で語られているから、すっと入ってきてあっという間に読めた。

  • 異色の組み合わせのようだが非常に近い雰囲気を醸し出している二人の対論。

    お互いの考えを同意もすれば異論もする。

    相手の違う考え方を否定するのではなく認め合った上で自分の考えをぶつけあう対話は非常に気持ちが良い。

    読んでいてもそれぞれの意見になるほどと思ったりそれは違うなと思ったり自分自身の考えはどうなんだろう、と思わず考えさせられて面白かったです。

  • 生きるっていうことを考えること。

  • なんかどうやって生きたらいいか分からない。そんな時に読むといい本。年の差50歳の二人の対話。対談形式でそれぞれがいいたいことを言っているのにどこかかみ合っている不思議な会話。芯があるのに柔軟な二人の意見は読んでいて驚かされた。ほりえもんが”世の中を面白くしたい"それだけを考えて動いていることにすこし驚いた。世の中こういうふうに面白い人はたっくさんいるんだろうな。ホリエモンの”誰とでも仲良くなれる。話せる。生きている限り新しい友人が増えていく寂聴さん"っていうところがとても印象的だ。将来こういう人になりたいって思う。

  • 寂聴さんとホリエモンの異色の対談。
    死ぬってどういうことですか?は生きるってどういうことですか?と同意。

    寂聴さんの「先にあの世にいったひとたちが歓迎パーティーひらいてくれると考えてる、誰に最初に声かけようか迷ってる」
    という発言が痛快。

    こういう年のとりかたできたらいいな。

  • 堀江さんのあとがきが一番印象に残った。確かに、羨ましい歳の重ね方。周りに人がいて、バリバリ仕事して、ごはんを美味しく食べて、みんなにご馳走して、下ネタも悪口も言って、、、最高ですね。

  • ホリエモンの知識、教養に驚く。また、二人とも好き勝手に喋っているが、どこか似ている性格が鑑みれる。意外に面白かった。 6/29

  • 思いがけず面白かった。ホリエモンが瀬戸内寂聴にいろいろ聞く本だと思ったら、ちゃんと対談になっていた。

    ホリエモンはすべてをコストとプロフィットで考える。原発は経済的だから賛成、戦争は割が合わないから起こらないという。家を持つのはナンセンスで、家族や愛国心もよくわからない。単純でシンプルだ。この人、損なこと、つまらないことはしないんだろうな。
    一方の瀬戸内寂聴は経済がわからない。経験や心情から、戦争と原発に反対し、冤罪事件の支援者となる。話の主語はあくまで人で、里見弴や遠藤周作や市川房枝が出てくる。
    一見対照的な二人だが、二人ともこだわらず、どこか浮世離れして、ドライで、自由なところがよく似ている。瀬戸内寂聴もホリエモンもあまり興味がなかったが、書いたものを少し読んでみようかな、という気になった。

  • 文芸の生き字引である寂聴の交遊録はハンパなく、実体験でモノを語る。他方、ホリエモンは相変わらずの合理主義的価値観。だから話はあまりかみ合ってない。人間が合理的ならホリエモンの論理も正しいのだが、殆どの人間は合理的じゃないからね。頭のいい人間はここで失敗する。全体的にはあまり中身がない。対談本だから仕方ないけど。寂聴の「人間は健康かカネで自殺する。それ以外では殆ど死なない」というのは印象的。

  • 配置場所:摂枚普通図書
    請求記号:914.6||S
    資料ID:95140980

  • いろいろと発見のある一冊でした。ぐずぐず言ってるだけじゃダメだな。前に進もう!と力をもらいました。

  • お互い言いたいことを正直に言っているのが好印象。
    戦争や原発など意見が食い違っている所ほど現実的な問題点が良く見えて考えさせられる。
    先進国は人間コストが高いので戦争はしたがらないという堀江氏の説は結構納得できる。
    実際地球上で争いのため多くの人が死んでいる国では人命が二束三文に扱われている。
    原発に関しては意見は全く違うが二人とも技術者が減っていることを危惧している。
    どっちにしても耐用年数の来た原発は廃炉にしなければいけないので、その技術を高めることは一番重要な事だと思う。

  • もともとホリエモンは好きなのですが、50歳の年の差を感じさせないホリエモンと寂聴さんの対談、面白かったです。どちらも知的で好奇心にあふれ、アタマが柔軟だからでしょうか。

  • 所在:展示架
    請求番号:914.6/Se93
    資料ID:11405886
    瀬戸内寂聴と堀江貴文という驚く組み合わせ!
    一見何のかかわりもない二人が”生と死”を元に現代を見つめなおします。
    波乱万丈な人生を歩んできた二人の対談は必読です。
    選書担当:木村

  • 瀬戸内寂聴と堀江貴文の対談もの。ちょうど50歳離れた二人は、年齢以前に、興味の対象も思想も驚くほどの違いがある。読んでいてもかみ合ってない場面が多々ある。にもかかわらず対談が成立しているのは、お互いの違いや生き様を尊重し論破しようとしていないからだ。すがすがしい。

  • 本書は堀江氏と瀬戸内氏の異色の対談内容。
    本のタイトルに、”死”とあるが、中身は死とは違った方面の対談が主のような気がする。
    戦争や子育て、経済などいわゆる世間一般の意見とは真逆の視点から切り込んでいて、ちょっと、堀江氏と私の意見で合致する点が、ちょこちょこありました。

  • 一気に読んだ。ホリエモン面白い!

  • 死にたい、消えたい(現在、メンタルの治療中)と毎日喚いている人間が瀬戸内寂聴とホリエモンこと堀江貴文という個性的な2人の死生観というものを目の当たりにし、刺激を与えられた。他人の死生観を聞くのが好きなので、読んでいて非常に楽しかった。対照的な性格、そして思考。良い意味で対談のスパイスになっており、クスッと笑ってしまう。命あるものいずれ、終わりはくる。『死』というものに怯えていては生活は出来ないので、気楽に生きるしかないのかもしれない。

  • 【雑感】
    ■相変わらずのホリエモン。
     共感できるところも多い。

全31件中 1 - 25件を表示

死ぬってどういうことですか? 今を生きるための9の対論 (角川フォレスタ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

死ぬってどういうことですか? 今を生きるための9の対論 (角川フォレスタ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

死ぬってどういうことですか? 今を生きるための9の対論 (角川フォレスタ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

死ぬってどういうことですか? 今を生きるための9の対論 (角川フォレスタ)はこんな本です

死ぬってどういうことですか? 今を生きるための9の対論 (角川フォレスタ)のKindle版

ツイートする