カミの現象学―身体から見た日本文化論 角川叢書

  • 30人登録
  • 3.67評価
    • (3)
    • (1)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 梅原賢一郎
  • 角川書店 (2003年7月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (282ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047021259

カミの現象学―身体から見た日本文化論 角川叢書の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 穴がある。
    その穴をあけるためにいる。

  • 宮古島の「六月ニガイ」、宮崎県の「銀鏡神楽」、長野県の「遠山の霜月祭り」など、日本各地の祭りや神楽、宗教的な儀礼や行法から、子どもの遊びといった日常の行為まで、「自分と自分以外のものとの間の回路」としての「穴」をKeywordに、宗教と芸術の隙間を思考し、いわば身体に埋蔵された日本文化を解明してゆく。著者は梅原猛の息子。

  • 382.1/u1-1

  • 力作。斬新な視点、ちょっとおもい入れに偏りも感じなくは無いが丹念なフィールドワーク。ここ数年の中でもベスト10に入る。

全4件中 1 - 4件を表示

梅原賢一郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

カミの現象学―身体から見た日本文化論 角川叢書はこんな本です

カミの現象学―身体から見た日本文化論 角川叢書を本棚に「読みたい」で登録しているひと

カミの現象学―身体から見た日本文化論 角川叢書を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

カミの現象学―身体から見た日本文化論 角川叢書を本棚に「積読」で登録しているひと

カミの現象学―身体から見た日本文化論 角川叢書の作品紹介

宮古島の「六月ニガイ」、宮崎県の「銀鏡神楽」、長野県の「遠山の霜月祭り」など、実際に見聞した日本各地の祭りや神楽、宗教的な儀礼や行法から、子どもの遊びといった日常の行為まで、具体例をあげながら、「自分と自分以外のものとの間の回路」としての「穴」をキーワードに、身体にいわば埋蔵された日本文化を解明する。「宗教」と「芸術」の隙間を思考する、独創的な論考。祭りを体験しながら、身体が変容する、現代の「変身物語」でもある。

ツイートする