愛の空間 (角川選書)

  • 75人登録
  • 3.62評価
    • (5)
    • (7)
    • (13)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 井上章一
  • KADOKAWA/角川学芸出版 (1999年8月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (421ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047033078

愛の空間 (角川選書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 性愛空間についての研究書。
    待合等の施設、屋外から屋内への変遷、などなど色々知ることができた。
    最終的に印象に残ったのは、買売春の威力の凄さ。それは色々なものを動かす力を持っているんだと初めて知った。
    それにしても人間はセックスしたがり。

  • 愛の付いたホテルの歴史の本でした。

  • 室内外装飾の変容が玄人素人の差によるという判断。

  • [ 内容 ]
    終戦直後には「皇居前広場」という言葉が性交を連想させるほどに、かつては野外性交が一般的だった。
    しかし、待合、ソバ屋、円宿、ラブホテルなどの施設がうまれ、人々はもっぱら屋内で愛し合うようになる。
    それらの性愛空間は日本独特の意匠をこしらえ、ついにはディズニーランド風の建築に発展するのだった…。
    日本人の男女が愛し合う場所の移り変わりを探る、性愛空間の建築史。

    [ 目次 ]
    第1章 森の恋人たち
    第2章 芸者たちと、待合と
    第3章 ソバ屋のできごと
    第4章 円宿時代
    第5章 鏡と風呂
    第6章 ラブホテルの時代
    第7章 意匠、風俗、そして警察

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 江戸時代の待合から現代のラブホテルまで、日本の性愛空間の変遷を綴った怪著。下世話な話が好きならとりあえず読んどけ!!

  • ラブホテルの文化史、のようなもの。こういうことって誰もやらないので貴重な仕事だと思います。しかも遊びでやってるんじゃなくて、本気で文献を漁り論考している。建築史のオルタナティブ。

全8件中 1 - 8件を表示

井上章一の作品

愛の空間 (角川選書)はこんな本です

愛の空間 (角川選書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

愛の空間 (角川選書)を本棚に「積読」で登録しているひと

愛の空間 (角川選書)の作品紹介

終戦直後には「皇居前広場」という言葉が性交を連想させるほどに、かつては野外性交が一般的だった。しかし、待合、ソバ屋、円宿、ラブホテルなどの施設がうまれ、人々はもっぱら屋内で愛し合うようになる。それらの性愛空間は日本独特の意匠をこしらえ、ついにはディズニーランド風の建築に発展するのだった…。日本人の男女が愛し合う場所の移り変わりを探る、性愛空間の建築史。

ツイートする