集中力 (角川oneテーマ21 (C-3))

  • 408人登録
  • 3.38評価
    • (14)
    • (54)
    • (92)
    • (9)
    • (4)
  • 36レビュー
著者 : 谷川浩司
  • 角川書店 (2000年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (186ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047040113

集中力 (角川oneテーマ21 (C-3))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 集中力
    谷川浩司
    2000年12月1日初版発行
    2017年7月17日読了

    第一部
    トップ棋士の条件
    トップ棋士への道
    第二部 勝負に勝つ能力を伸ばす
    集中力、思考力、記憶力、気力

    1962年生。
    加藤一二三に次ぐ史上2人目となる中学生(14歳)で四段プロになり、21歳で当時史上最年少で名人位を獲得。「十七世名人」として永世名人の資格を持つ。終盤の寄せの速さから「光速の寄せ」の異名を持つ。

    羽生善治のライバルとして数多くの対局をこなす。既に公式戦で115局以上(執筆当時)。年齢は羽生さんの8歳上。
    世代でいうと、大山康晴、米長邦雄、中原誠、に次ぐ世代として次代の羽生世代とも数多く対局をこなしている。

    読んでいて思ったのは勝負の世界で結構な苦労人という印象。
    21歳という若さで名人になった後のスランプ、まだ昔ながらの「豪傑」が住まう時代の将棋界(昔はプロ四段になれば後は本人次第で何をしても良い。酒やギャンブルに没頭する人も)、羽生善治という最強棋士の台頭、そして嫉妬。
    阪神淡路大震災での被災。羽生さんの七冠制覇を許すことになった相手が谷川浩司でもある。など。

    そうした谷川浩司九段の考えが見えたのは興味深かったです。
    勝負の世界の厳しさを谷川浩司の経験値から語っているのだけど、その裏側には人としての弱さもあるのかなあ。と感じる言葉もありちょっと意外に思いました。スランプの時、また羽生さんに対する過剰意識から羽生さんのような真似をして、ますますスタイルを崩してしまったとか

    勝負においてリードしてる局面からやや後退してしまった時にまだ五分以上の局面なのに「自分はどちらかというと悲観的になるタイプ」とも言っており、強靭な精神力の持ち主や楽観主義者ではない事が書いてあって知らない谷川浩司の一面を知れました。

    他にも棋士として羽生さんも語っている捨てる力=忘れる必要性とか、棋士は基本的に自分で考え抜く力がないと上には行けないとか、効率性だけを求めたやり方は結局は力にならない、自分から「やろう」と考える強さが必要など実生活にも生きる話もあります。
    勝負における谷川流の理論を学べる一冊。中々の良書です。

  • 将棋の谷川プロが将棋から学んだことを通して人生における様々なことを論じている本。どこかの自己啓発本に書かれているようなことが多かったが、将棋を通して語られると説得力が高い。

  • 再読予定

  • 集中するためにはどうすればよいか。
    制限時間を設けたり、適度に休息を入れたり、環境に気をつけたり…。コツはいろいろあるが、要するに「好きこそものの上手なれ」ということだ。
    テクニック以上に好きかどうかが大事。好きであれば、いつまでも集中できる。プロの世界は、「好き」であることが最低限必要な要素なんだと思う。
    そしてプロの頂点に立つためには、努力を努力と思わない人たちに勝たなければならない。本当に厳しい世界だ…

  • なんだこれ。読書は大事なところをメモしておくんだけどこれメモし続けなきゃならなかった。困る。
    何十年もそばに置いておいて立ち返るときに手に取るべき本だよ。仰るとおりです、そうですよね、と背筋が伸びる思い。ハウツー本じゃなくて、生き方の本。
    見出しを見るだけでだいぶ目が覚める……いやー!
    わたしの場合は創作にすべてつながった。将棋を例にされるだけで創作への姿勢が丸々書かれていたという感じ。
    いやーやはり、本当にすごい人ってのは、すごいんだなと、当然の結論を導き出しましたよ。まったく。

  • 第一線で活躍する人は、やっぱ考え方が違うな、と。

  • 将棋が好きで、

    将棋の本を借りようと思っていたのですが、

    時間を掛けて取り組みたいということもあったのですが、

    "読み物"としてちょっと気になったので読んでみました。


    本の内容の前に、

    谷川浩司という人物について記載します。


    ブログ画像一覧を見る

    このブログの読者になる(チェック)

    << 前ページ 最新| 24 | 25 | 26 | 27 | 28 |最初 次ページ >>
    2009-11-29 19:07:46
    儲かる農業 「ど素人集団」の農業革命
    テーマ:本

    農業生産法人トップリバー社長 嶋崎秀樹さんが書いた本です




    最近農業に興味があること、



    テレビ東京系「カンブリア宮殿」に出演していた嶋崎秀樹さんを見て、



    興味が湧き、読もうと思った本です




    元々、菓子メーカー営業マンだったらしいのですが、



    本意ではないながら農業に携わっていったようです




    実際農業に携わってみると、



    農業に携わっている方々は他の産業で見られるような



    創意工夫、努力を怠っていたため、



    他の産業で見られるように、



    つくるだけではなく、流通のこと、営業のことも考え、



    農業生産法人を立ち上げたようです




    自分も日々当たり前だとおかしな部分に気付かずに



    実施していることが多々あると思うので、



    自分、自分が関わっていく世界に疑問を持ち続け、



    日々改善していきたいと思います




    農業に興味がある方はもちろんない方にとっても、



    良い本だと思うので、一度読んでみることをお薦めします




    儲かる農業



    嶋崎秀樹(竹書房)



    \1,238 + 税

    東京発激安国内旅行専門店
    国内旅行ならハッピーホリデーツアーオンライン予約でポイントGET!
    www.wbf.co.jp《JNB》ネットキャッシング
    申し込みは簡単!金利2.5%-18%限度額200万円まで収入証明書不要
    japannetbank.co.jp北海道スキーはオリオンツアー
    《スキー&スノボ》北海道スキーツアーはお任せを!各地発着、レンタル無料もあり
    www.orion-tour.co.jp
    Ads by Google
    ツイート 記事URL コメント ペタ
    2009-11-29 18:46:31
    「仕組み」節約術 勝手にお金が貯まってしまうシステムの作り方
    テーマ:本

    本屋で見かけて何となく読みたくなった本です




    最初にチェック項目があり、自分の現在のタイプをチェックし、



    そこから現在の自分をより良い節約術の苦労せずに、



    仕組みをつくることにより節約をしていくことを勧める本です




    ・あるから使うので、手元に来る前に貯金などして使えないようにする。



    ・変動費(一時のお金)を削減するのではなく、固定を削減する。



    ・精神的な満足を得るためには、変動費はケチらない。



    ・お金の価値 ≒ 時間なので、お金をケチるために時間を浪費しない。



    ・・・・・が書かれているのですが、



    この本に書いているようなことをほとんど実施しているために、



    読んでもあまりタメにはなりませんでした




    ただし、あまり節約の仕組みが身についていない方、



    節約しているつもりだけど貯まらない、・・・・・



    の方々がいらっしゃれば読んでみるといいと思います




    「仕組み」節約術



    泉正人(光文社)



    \1,300 + 税

    スキーツアーの予約サイト
    スキーバス 日帰りツアー スキー宿の予約をするならサンシャインツアー
    www.sunshinetour.co.jp
    Ads by Google
    ツイート 記事URL コメント ペタ
    2009-11-15 23:25:54
    ジェネラル・ルージュの凱旋(下)
    テーマ:本

    7月に上巻を読んでから約3ヶ月が過ぎましたが、



    図書館で予約してて、やっと出番が回ってきてたので、



    下巻を読みました



    内容の方をすっかり忘れているかな



    とも思いましたが、読んでいるうちに内容を思い出し、



    映画で見た臨場感を感じることができ、感動を思い出し、



    電車の中ということを一人でちょっと涙を流したりしていました




    映画を見ていなくても、



    臨場感、感動を得ることはできると思うので、



    機会をつくって、ぜひ読んでいただきたい作品の一つです




    ジェネラル・ルージュの凱旋(下)




    海堂 尊著




    宝島社

    横浜市の特優賃
    都内への通勤も便利な物件多数≪ヨコハマ・りぶいん≫の特優賃
    www.yokohama-livein.jp
    Ads by Google
    ツイート 記事URL コメント ペタ
    2009-10-10 07:40:07
    「モデル失格」
    テーマ:本

    ファッションにも興味がないし、押切もえが特別好きというわけでもありませんが、



    全く異なる世界にいる人に何となく興味を持ち、読もうとした本だと思います




    ハードルが低かったというわけだけではなく、



    読んだことにより、



    いろいろ今まで悩んでいたことに対してヒントをいただいたようで



    読んで、とても良かったと思います




    今後もことある毎に読みたいような本で、



    図書館から借りて読んだ本なのですが、



    今後のためにも買おうと思ってます




    表現が稚拙な部分もありますが、



    その表現により親近感を感じることができ良かったです




    また、もちろん、ふだん触れることのない



    モデルの仕事、心構えなどなんかも知ることができました




    個人的に気に入った言葉、エピソードなんかを下記に記載します



    「新しい人と会ったって、『もえ』が減ることないよ。誰かと仲良くなったら、

      『もえ』は増えるだけなんだよ」



    「信じられぬと なげくよりも

      人を信じて 傷つくほうがいい

      求めないで 優しさなんか

      臆病者の 言いわけだから」

      (海援隊「贈る言葉」より)



    「良い言葉は信じていい!」




    また、第二章は、



    "押切流・幸せになるための処方箋"



    でポジティブに生きられるような心構えなんかが書いています



    短くまとまっていて読み易いので、



    ぜひ読むことをお薦めします






    「モデル失格」



    押切もえ著(小学館)



    740円 + 税

    《JNB》ネットキャッシング
    初回借入から30日間無利息!限度額200万円まで収入証明書不要
    japannetbank.co.jp
    Ads by Google
    ツイート 記事URL コメント ペタ
    2009-10-04 10:38:36
    「3分でわかるロジカル・シンキングの基本」
    テーマ:本

    著者は異なりますが、



    「3分でわかるラテラル・シンキングの基本」と同様、



    人によっては屁理屈と思われるかもしれないですが、



    ふだんの何気ないことを改めて考えることができたり、



    読むと新鮮な気持ちになれると思うので、



    一度読んでみてもいい本だと思うし、



    数年に一度読んでみてもいい本だと思います




    また、身近な事例を踏まえているため、



    読みやすい本だと思います





    「3分でわかるロジカル・シンキングの基本」



    大石 哲之著(日本実業出版社)



    1,400円 + 税

    野菜栽培士の資格を取るには
    今人気の通信講座を紹介。自宅で学べ、資格も取得できます。案内書無料!
    www.gardening.or.jp
    Ads by Google
    ツイート 記事URL コメント ペタ
    2009-10-04 09:34:27
    「リンゴが教えてくれたこと」
    テーマ:本

    周囲の偏見、不安に苛まれながれるなど、長年の苦労を経て、



    りんごの無農薬・無肥料栽培に成功するまでの道程について



    書かれている本




    農薬散布に疑問を持ち、試行錯誤を経て、



    無農薬・無肥料栽培に至るのですが、



    長男ではなく、次男だったため最初は家業を告げなかったため、



    プレッシャーが少なく、異業種を経験してるからこそ見える疑問点に



    気付いたことが大きいように感じます



    (ちなみに、木村という姓も養子先の姓です)




    また、信念を持ち、持ち続けたこと。




    ヒトはりんごの実1つ、稲穂1つ実らせることができないので、



    それに感謝すること




    などなど、



    自分が考えていたことにまちがいがなかったことを



    気付かせてくれる本だったので、自信をなくしたときなど



    何度か読もうと思っってます





    「リンゴが教えてくれたこと」



    木村秋則(日本経済新聞出版社) 



    850円 + 税

    金利UPの右肩上がり円定期
    ≪10年もの0.7%・税引前≫満期までにさらに金利グッとUP/東京スター銀行
    www.tokyostarbank.co.jp
    Ads by Google
    ツイート 記事URL コメント ペタ
    2009-09-14 18:38:59
    「集中力」
    テーマ:本

    将棋が好きで、



    将棋の本を借りようと思っていたのですが、



    時間を掛けて取り組みたいということもあったのですが、



    "読み物"としてちょっと気になったので読んでみました




    本の内容の前に、



    谷川浩司という人物について記載します




    谷川浩司

    将棋のプロ棋士

    1962年神戸市生まれ。

    14歳でプロ棋士となり、21歳で最年少の名人位を獲得

    タイトル戦登場57回、獲得27期、その他優勝回数21回を誇り、

    約30年間トップ棋士の座に君臨しています。


    将棋を知っている人には、

    "谷川浩司"という人物が現在に至るまでどのような道程を

    経たかなどを如実に知ることができますが、

    それ以外の方にとっても、

    はたらいていくうえ、日々の生活を営むうえで、

    ヒントになったり、糧になったりするので、

    読んで、とてもタメになる本だと思います。


    また、将棋に今まで興味を持たなかった方でも、

    ちょっとは将棋に興味がもてるような本だと思うので、

    ぜひ、いろいろな方に読んでいただきたいと思います。

  • 好きこそ物の上手なれ、「繰り返し」の積み重ねが大事なんだなと再認識。

  • 羽生さんをはじめ、棋士の著作を読むのが結構好きです。といって将棋は門外漢でほとんど分からないですが、明晰な頭脳を持つ棋士がどのように論理展開をして将棋を指していくのかとても興味があります。

    本著は真剣に考えること、つまり集中について御自身の体験をちりばめて書かれています。

    少年時代から天才棋士であった著者が天才の上にあぐらをかかず、集中して将棋に打ち込んだからこそ名人になれたというのがよく理解できました。

    いみじくも「天才と呼ばれるのは本意ではない。それでは、費やした時間や努力がかさいそうというものだ」と著者が言うとおり、天才と呼ばれる人は、途中で飽きて投げ出してしまわずに集中を持続させたものが初めて得る称号だと思います。

    好きだから持続が出来、持続が天才が生むのではないでしょうか。

    以下印象に残った文章

    ・好きなものがあり、それにどれだけ深く集中して打ち込んでいられるかだと思う。好きなものに打ち込んで育てた集中力があれば、一時は誘惑に引きずられることがあったとしても、すぐに立ち戻れるだろう。

    ・問題は毎日継続して続けられるかということ。そのためには、好きになることだ。

    ・朝が来ない夜はない。夜明け前というのは、実は一番暗いのです。

    ・先を読むのが仕事の棋士から見ると、情報をどんなにたくさん集めても、ロジカルに分析するだけでは情報におぼれるだけということを経験から知っている。(中略)私が将棋を指す場合は、直観によって読む場合が多い。その時の判断基準は完成である。(中略)強い棋士は、奥の深い感性を発揮するのである。

    ・何事に対して「できる」という方向で考えないと物事は進まないのである。「できる」という方向から攻めると、思わぬアイデアが生れるものだ。また、これは「自分がやるのだ」というやる気を持てば、ぎりぎりの線までがんばれ、そこから不可能に思える目標も可能に見えてくる。

    ・後悔と反省は違う。失敗の記憶は分析し、整理する。

    ・いい時ほど記憶が消える。より本能に近かったからかもしれない。何週間かたって、ふっと記憶が戻ったりすることもある。

    ・調子の良い時に、もっと積極的に問題意識を持ち、現状を打破する気力が必要だ。

  • 棋士である谷川さんの一冊。
    将棋界のトップを走り続けてきた谷川さんからは学ぶことが多い。
    将棋を通して書かれてあることだが,おっしゃっていることはきわめて一般的。大変勉強になりました。

全36件中 1 - 10件を表示

谷川浩司の作品

集中力 (角川oneテーマ21 (C-3))を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする