精神科外来 (角川oneテーマ21)

  • 15人登録
  • 3.40評価
    • (0)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 大森徹郎
  • 角川書店 (2005年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (157ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047041851

精神科外来 (角川oneテーマ21)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • [ 内容 ]
    うつ、パニック、強迫、PTSD。
    精神病の症状は時代と共に変わり、SSRIの登場により、広範囲での精神科治療が可能になった。
    自殺者が3万人を超え、うつ症状を訴える小中学生も増えている現在、精神科外来には、どんな症状の人が来るのか、医者はどんなことをするのか、家族はどうしたらよいのかなどを、現場の精神科外来の医師が解説する。

    [ 目次 ]
    1 精神科外来は急増中
    2 精神科外来には、こんな人がやって来ます
    3 精神科外来は、こんなところです
    4 精神科外来の診断と治療
    5 医者とくすりにできること
    6 家族にできること
    7 これからの精神科外来

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全2件中 1 - 2件を表示

精神科外来 (角川oneテーマ21)はこんな本です

精神科外来 (角川oneテーマ21)を本棚に登録しているひと

精神科外来 (角川oneテーマ21)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

精神科外来 (角川oneテーマ21)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

精神科外来 (角川oneテーマ21)を本棚に「積読」で登録しているひと

精神科外来 (角川oneテーマ21)の作品紹介

うつ、パニック、強迫、PTSD。精神病の症状は時代と共に変わり、SSRIの登場により、広範囲での精神科治療が可能になった。自殺者が3万人を超え、うつ症状を訴える小中学生も増えている現在、精神科外来には、どんな症状の人が来るのか、医者はどんなことをするのか、家族はどうしたらよいのかなどを、現場の精神科外来の医師が解説する。

ツイートする