決断力 (角川oneテーマ21)

  • 4449人登録
  • 3.56評価
    • (305)
    • (602)
    • (910)
    • (98)
    • (18)
  • 592レビュー
著者 : 羽生善治
  • 角川書店 (2005年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (201ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047100084

決断力 (角川oneテーマ21)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 羽生善治氏の、将棋へほ取り組み姿勢を綴ったものだが、ビジネスパーソンとしての心構え、人生訓としても十分に通用する言葉ばかり。染み入ります。

  • 才能とは継続できる力であるの部分と直感の7割が正しいの部分がとても好きである。

  • 天才こそ当たり前の努力を重ねているし、誰よりも真っ当な考え方を貫いている。
    変わり続けなければ腐ってしまう。

  • 伝えたいことは一般的ではあるが、深みがある。

    それは、将棋という世界からも見ても、大切なことはビジネスであれ、勉強であれ、共通していると感じられるからであると思う。

    芸の向上ではなく、基礎力の養成 p.187

    才能とは、継続できる情熱

  • 淡々とまとめてある内容に,逆に著者の将棋への飽くなき情熱を感じた。一生をかけても未完としながら,後世の将棋のさらなる発展へのきっかけを作っていくのだろうなと感じた。考え抜くことの重要さを心に留めておきたい。

  • 斎藤孝先生の「大人のための読書の全技術」にあった、社会人にお勧めの書籍50冊からのチョイスです。
    ビジネスに通じる考え方がたくさんあり、著者の教養の広さにただただ驚かされるばかり。
    各章末の一段落がどれも印象的でした。

  • 菓子屋のせがれだったころ、
    工場長の西原さんという人が、将棋を教えてくれた。
    それで、仕事が終わると、毎日教えてもらった。
    ところが、いつも、私が負ける。
    くやしくて、よく泣いたものだった。
    しかし、勝てないことで将棋というモノの意味を教えてくれた
    ような気がする。

    羽生善治は、言葉が選りすぐられ、全くアーティストだ。
    なにか、ゾクゾクした。

    「人間にはふた通りあると思っている。
     不利な状況を喜べる人間と、喜べない人間だ。」

    たしかに、うまく行っている人でも、不利な状況になるときがある。
    それをどう切り抜けるかであり、
    ずっと、不利な状況にあるときもある。
    その状況の中で、知恵を出して突破していく人。
    つまり、いまの状態で言えば、知恵が出し切れていないから故に
    不利な状況をかえることができない。
    いうならば、そういう状況を楽しみ、突破していくものだけが、
    次の新しい不利な状況を作り出すことができるのかもしれない。

    羽生さんは言う
    「未知の世界に踏み込み、自分で考え、
     新しいルートを探し求める気迫こそ
     未来を切り開く力になる。」

    勝負師として持続するには、あくまでもその強い意志なんだろうね。

    「自分がさした瞬間には、自分の力は消えて、他力になってしまう。
     そうなったら、自分ではもうどうすることもできない。
     相手の選択に「自由にしてください」と身を委ねることになる。」

    これは、将棋だけではない。
    ビジネスの分野も同じことがいえる。
    メールなどを送るときに、一体どんな返事を期待するのか?
    そして、自分の考えているような返事がくるのか。
    全く、見えない表情の中で、やりとりするときに、
    相手の行間を読み、ビジネスをすすめていく。
    相手の自由にしてもらう余裕が、
    ないと、自分で結論づけてしまうことがある。
    そういうときは、広がりがなくなる。

    「大山康晴先生は、『相手に手をわたす』のが上手で、・・・」
    ということが、この厳しいつばぜり合いの中で、
    相手のチカラをもかりて闘う。
    ふーむ。奥行きがあるし、その静かな語り口には、
    相手を圧倒するモノさえある・・。

    「じっと見ていてもすぐには何も変わりません。
     しかし、間違いなく腐ります。どうしてか?
     時の経過が状況を変えてしまうからです。
     だからいまは最高だけど、それは今の時点であって、
     今はすでに過去なのです。」

    瞬間瞬間に変わっていく状況。
    将棋のおかれているのは、1手づつしか変わらないが、
    刻々と変化していく中で、つねに最善を尽くす。
    流れを読みながら、空気をつかみながら、
    とぎすました眼で見ていくことの大切さを痛感させる。

    「全体を判断する目とは、大局観である。
     一つの場面で、今はどういう状況で、
     これから先どうしたらいいのか、そういう状況判断ができる力だ。
     本質を見抜く力といってもいい。
     その思考の基礎になるのが、勘つまり直感力だ。
     直感力の元になるのは感性である。
     ・・・・
     ぎりぎりの勝負で力を発揮できる決め手は、
     この大局観と感性のバランス。」

    そういう中で、決断していく。

    これは、毎日の営々たる努力だろう。
    同じように24時間を生きて、ここまで透徹した考えを持つこと
    このことに、妙に心うたれるモノがあった。

    将棋という日本の伝統的なゲームをここまで読み込んでいく
    そして、楽しんでいる姿は、痛快をこえている。
    今の新しい状況・・・コンピュータでの解析、情報が瞬時に伝わり、
    分析される・・・定跡さえ体系化され、次の局面の1手の理由も
    ハッキリしはじめたという。
    そうであるが故に、自分の直感を信じ、自分で考えることを
    続けることが、今を勝ち抜く姿勢なんだろう。
    実に充実した本でした。
    自分で考えることの意味を教えてくれる。

  • 将棋の一手一手の決断力や、著者自身の心構えが中心に書かれている。どの世界にも通ずることが書かれていて学ぶことが多い。
    将棋に対する羽生善治の経験談として読むだけでも十分に面白い。

    経験は必ずしも人を強くするわけではない、つまり経験が常に正しい決断を導くわけではないという考えや、知識を知恵に消化するという考えが印象に残った。

  • 10S-Talk
    勝機は誰にでもある。そのHowToは、知識を知恵に替え、直感を信じる裏付け情報を得ておくこと。そして、ポジティブに攻めることだ!
    って事が書いてあったような気がする。

    メモ
    •才能とは継続できる情熱である
    •玲瓏-大局観

  • 書き手の羽生善治が自己啓発本としてしっかり意識しているのがよくわかるので、将棋の話が主体だが気づきがとても多い。棋士という勝負師の目線で物事を見ていくとこんなにも深いのかと感動した。

全592件中 1 - 10件を表示

羽生善治の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
『夢をつかむイチ...
有効な右矢印 無効な右矢印

決断力 (角川oneテーマ21)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

決断力 (角川oneテーマ21)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

決断力 (角川oneテーマ21)の作品紹介

天才棋士が初めて大公開!「決断力」「集中力」の極意!「勝つ頭脳」は、こうして決断する。

決断力 (角川oneテーマ21)のKindle版

ツイートする