訊問の罠 ――足利事件の真実 (角川oneテーマ21)

  • 32人登録
  • 3.55評価
    • (1)
    • (5)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2009年8月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (218ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047102088

訊問の罠 ――足利事件の真実 (角川oneテーマ21)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「冤罪 ある日、私は犯人にされた」につづいて読んだ。
    多少かぶる部分があったが、担当弁護士側から書かれた裁判の問題点などがあり、なるほどと思うことがあった。
    ミスをミスと認められない、謝罪できないという組織の悪体質が露呈されていて、将来的にもそのような評価をされることは否めない事件だと思うが、関わった人が生きている間は認められないということなのだろうか。

  •  
    ── 菅家 利和&佐藤 博史《訊問の罠 ~ 足利事件の真実 20090827 角川書店》
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4047102083
     
    <PRE>
     菅家 利和 冤罪被害者 19461011 栃木 足利 /元保育園バス運転手
    http://www.enpitu.ne.jp/usr8/bin/search?idst=87518&key=%BF%FB%B2%C8+%CD%F8%CF%C2
    ────────────────────────────────
     佐藤 博史 弁護士   1948‥‥ 島根 出雲 /広島修道高校/東京大学法学部卒
    /千葉工業大学理事/早稲田大学法科大学院客員教授
    ────────────────────────────────
     片山 祐輔 脅迫容疑者 1983‥‥ 東京 江東 /PC遠隔操作事件/のま猫事件
    http://q.hatena.ne.jp/1360714876#a1189975 (20130213)
    </PRE>
     
    …… 菅家 利和・佐藤 博史が語る真昼の暗黒
    http://q.hatena.ne.jp/1244234587#c151344 (20090607)
    ── 《サンデープロジェクト 20090607 10:00~11:45 テレビ朝日》
     
    http://q.hatena.ne.jp/1244234587 (20090606)
     足利事件の謎 ~ いちばん悪いのは誰か? ~
     
    http://q.hatena.ne.jp/1264192840 (20100123)
     悪夢の記憶 ~ 足利事件の人々 ~
     
    (20130214)
     

  • [ 内容 ]
    恐怖の「任意同行」、「虚偽自白」の強要、「無実の叫び」の封殺・無視、「DNA再鑑定」の抹殺―。
    冤罪被害者と弁護人が明かす、訊問と裁判の恐るべき実態。

    [ 目次 ]
    第1章 私はなぜ、虚偽の自白に追い込まれたのか
    第2章 「足利事件」とはどのような事件だったのか
    第3章 私はやっていない!―獄中から家族に宛てた手紙
    第4章 弁護人、検察官、裁判官はなぜ無実を見抜けなかったのか
    第5章 DNA再鑑定までの長い道のり
    第6章 釈放後の想い―「私の一七年半を返してほしい!」
    第7章 裁判所は真実を闇に葬るつもりなのか

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 菅家さんは大変だったと思います。佐藤弁護士は,再鑑定を命じた裁判長まで悪く書くのはどうかと思いますが,いずれにせよ,努力が実ったんだなと感じました。

全4件中 1 - 4件を表示

菅家利和の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

訊問の罠 ――足利事件の真実 (角川oneテーマ21)はこんな本です

訊問の罠 ――足利事件の真実 (角川oneテーマ21)の作品紹介

恐怖の「任意同行」、「虚偽自白」の強要、「無実の叫び」の封殺・無視、「DNA再鑑定」の抹殺-。冤罪被害者と弁護人が明かす、訊問と裁判の恐るべき実態。

ツイートする