無欲のすすめ 無宗教な日本人の生き方 (角川oneテーマ21)

  • 35人登録
  • 2.40評価
    • (0)
    • (0)
    • (3)
    • (1)
    • (1)
  • 4レビュー
著者 : 島田裕巳
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2010年5月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047102316

無欲のすすめ 無宗教な日本人の生き方 (角川oneテーマ21)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • いやー、何でしょうね。題名に引かれて読んでは見たものの、ほとんど「ヤマギシ会」の説明だった気がします。それはそれで面白いのですがちょっとねぇ~
    宗教学者らしい内容はいいのでですが、ちょっと飛ばし読みしてしまいましたね。
    最終的にもふに落ちませんでした。無理やりまとめたような・・・

  • 期待していた内容とちょっと違ってたけど、名前しか知らなかったヤマギシズムについて知れた、という感じ。

  • 無欲、無所有の文化を紹介する。

    本書はそのほとんどを著者が昔所属していた「ヤマギシ会」の紹介となっている。
    その「ヤマギシ会」で行われていた活動を通して、無所有社会とはどんなものかを解説している。

    しかし、内容は期待以下。
    最後の一章、二章で具体的な活動紹介から離れて考えが抽象化されてくる。

    本書には日本が「最も成功した社会主義」と呼ばれる所以につながるものがある。

    高度経済成長を通して、日本が経済発展をした理由。
    それは、個人よりも組織の発展を望み、それを自己の目的と同一化して働いたからだ。

    その背景にあるのは、かつての「ムラ社会」だ。
    生活の基盤を個人ではなく、組織が保証することで、中の人たちは個人の欲望よりも、全体の利益を考えることが出来る。

    ベーシック・インカムに通じる考え方があるように思う。
    それが成功する土台は日本の歴史を振り返ると既に存在していたように感じる。

    その一端に触れることが出来た気がした。

    が、内容は落ちもなく、カルトの印象を拭いきれない組織の紹介に終始するため、本書は特に人に勧めない。

  • ただの宗教本。
    ヤマギシ会について。

全4件中 1 - 4件を表示

無欲のすすめ 無宗教な日本人の生き方 (角川oneテーマ21)のその他の作品

島田裕巳の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

無欲のすすめ 無宗教な日本人の生き方 (角川oneテーマ21)はこんな本です

無欲のすすめ 無宗教な日本人の生き方 (角川oneテーマ21)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

無欲のすすめ 無宗教な日本人の生き方 (角川oneテーマ21)を本棚に「積読」で登録しているひと

無欲のすすめ 無宗教な日本人の生き方 (角川oneテーマ21)の作品紹介

日本人はなぜ豊かになれたのか?それは、強欲ではなく無欲だったからだ。「あなたは無欲になれますか?」多くの日本人は、無理だと思っている。"欲"からは逃げられはしないと諦めている。しかし、日本社会の基本原理は無欲だったのだ。無欲、その"生き方が持つ力"を初めて明かす。

ツイートする