大局観 自分と闘って負けない心 (角川oneテーマ21)

  • 2361人登録
  • 3.54評価
    • (119)
    • (311)
    • (348)
    • (64)
    • (11)
  • 318レビュー
著者 : 羽生善治
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2011年2月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (234ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047102767

大局観 自分と闘って負けない心 (角川oneテーマ21)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 羽生さんの本、結構面白い。将棋だけのネタではなく生き方を語ってる。今まで、目標を持ってなくて生きて来たと言うのが意外。

  • いろいろ参考になりそうなことが書いてあるけれど、1度では理解できない。2度読まなきゃいけないな、と思う

  • 「大局観」の意味を語っているよりは、「自分と戦って負けない心」を勝負師としての感性で書かれた良書である!

    •選択肢が多いと迷いに繋がる
    •もがき続けて習得したものは忘れにくい
    •上達して進歩するプロセスはミスを徐々に少なくしていくこと
    •MVPミッション、ビジョン、パッション
    •論理立てて説明できるのが直感、なんだかわからないがこの方が良いと考えるのが閃き!

  • 数少ない本物。こういう人材を輩出できない分野は何かおかしいんだよねえ。

  • 大局観というのは培うのが難しいね。

  • 羽生さんの一冊。

    そこには三連勝からの四連敗の話から始まる。

    自分は羽生さんが大一番でそんな負け方をしたことは知りませんでした。

    『大局観』というタイトルで、このような始まり方をすると思っていなかっただけに考えさせられる一冊でした。

    大局観•••考えさせられる言葉です。

  • いつも注目している羽生善治名人の考え方の一端を覗える新書。
    物事を合理的に突き詰めて考えるというよりも、人生の総合力を問われる見地にて選択・判断を下すということである。そのためにはリスクとのつき合い、挑戦する勇気、感情、ミスを犯した場合など人生を鍛える言葉に満ちていて、超一流のアスリートの言葉だけになるほどなあと思える部分は多い。
    自分として特に共感した部分は、選択肢を広げ過ぎず、あえて可能性を落とせという話と、「合成の誤謬」の話です。前者はいわゆる仕事がデキる人のバロメータの1つだと自分も思っていたので、賢い人はそうなんですよね。後者は、合理的な判断の積み重ねが必ずしも成功につながらない局面が世の中的にも自分の周りにもあることなので、自分としても最近着目しています。
    ただ、本として本書はどうかというと、ひとつひとつの話はよくわかるのだが、例え話がハズしているように思えることが多々あるのと、話の要点がぽんぽん変わるので、論理的に理解しようとすればするほど混沌としてきてしまいました。(笑)まあ、天才の真髄を活字で理解しようとすることが無理ということなんだと逆に思いましたけど。なので評価は本としての評価点にしています。
    加藤九段の繰り返しの話と、坂田三吉の端歩が「今にわか」った話は面白かった。
    最近は渡辺竜王などの新世代に押され気味なのが心配であるが、これからも新たな境地でもって大いなる壁となって頑張ってほしい。

  • 決断力ほどの新鮮さはなかったような。
    ただ、最近の仕事の進め方について振り返ることができた。

    仕事のタイムマネジメントをこの1ヶ月意識していたことで、だいぶマルチタスクで動けるようになってきたと思う。
    タイムマネジメントした働き方を反復し、慣れが生じたことで、上手く仕事が循環するようになってきた部分があるのかなと感じた。

  • 天才と言われる羽生さんだけど、突拍子も無い考え方ではないことがわかる。「続けられることも才能」には同意、遂げるまで諦めないことは大事。

  • 796

全318件中 1 - 10件を表示

羽生善治の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
J・モーティマー...
シーナ・アイエン...
松下 幸之助
村上 春樹
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

大局観 自分と闘って負けない心 (角川oneテーマ21)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

大局観 自分と闘って負けない心 (角川oneテーマ21)の作品紹介

考え抜いても結論がでなければ「好き嫌い」で決めていい。年齢を重ねるごとに強くなる「大局観」の極意を公開。60歳、70歳でも進化する勝負の法則、直感力・決断力・集中力を極める。

大局観 自分と闘って負けない心 (角川oneテーマ21)はこんな本です

大局観 自分と闘って負けない心 (角川oneテーマ21)のKindle版

ツイートする