高校生が読んでいる『武士道』 (角川oneテーマ21)

  • 89人登録
  • 3.79評価
    • (7)
    • (2)
    • (9)
    • (1)
    • (0)
  • 12レビュー
制作 : 大森 恵子 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2011年4月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047102804

高校生が読んでいる『武士道』 (角川oneテーマ21)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 絶対と自己の調和・義ある故の勇・平静は静かなる勇気・武士は真実のみに生きる故,誓いを明文化することは不名誉であった・益は誠より出づる ・武士道=対外論理の儒教「恥,形而下」+対内論理の耶蘇教「罪,形而上」・武士=騎士= noblesse oblige・武士道の克己:内面は禁欲にあらず・経典でなく精神の域に昇華された故の永遠性・

  • 全然読み易くない
    単純な武士道の解説じゃなくて、新渡戸稲造がどういう背景でどういう想いで書いているかの解説に重点を置いているので、武士道自体の内容が伝わってこない
    今の自分には理解できない
    出直してきます
    さすが開成高校

  • Kindle版で購入。

  • 「武士道」は一度読んでみたことがあったものの、くやしいことに理解できずに途中で投げ出してしまった経験がある。
    この本は、その「武士道」の解説書、ましてや高校生が読んでいるということで購入した。

    新渡戸稲造の生い立ちから始まるが、この第一章があるおかげで、新渡戸が「武士道」を各に至った背景や信条が理解でき、第二章の本編へスムーズに入り込むことが出来た。

    武士道の「義」「勇」「仁」「礼」「誠」「名誉」「忠義」「克己」等、「武士道」の流れに沿って解説され、わかりづらい部分がしっかり補完されているため読みやすい。
    それぞれがつながりあって武士道が成り立っていることが理解できる。


    現代の日本人、特に若い世代がこの本を読んでどう思うのか。
    古い考えと笑うのか、納得して自分自身の生活を改めるのか、ぜひ聞いてみたいものである。

    私個人としては、身が引き締まる思いである。
    やはり日本人として、大和魂が心の奥底にあると思う。
    それは親から子へと、自然と受け継がれているはずである。

    この本の中で、何度も出てきた「知行合一」の言葉。
    知っているだけでは何の意味もなく、それを行動に移せてこそ知識は意味をなす。

    これは今の自分に強烈なインパクトであった。
    日々、仕事に役立つための勉強をしているが、それに行動が伴っていない。

    今後の生活へいい影響となるようにしたいものである。

  •  「武士道」はこれからの色々な決断の支えとなる。
     武士(日本人)の心構えに感銘を受けながらも、最後のキリスト教との比較に出てくる武士道の弱点についても納得させられた。
     

  • 原文を読む前に、入門編として読んだ本。
    原文と解説が交互に書かれており、新渡戸稲造が何を意図して『武士道』という作品を書いたのかを知ることができる。

  • じっくり読んでこそ、という印象。
    「高校生が読んでいる」という題からもっと読みやすく書かれたものかと思いましたが、そうでもなかったかなあ。

    もちろん解説も多いし「武士道に触れる」という目的を果たすには十分だと思います。
    原文・解説共に興味深いところも多く、面白く読めました。
    実際原文はどのようになっているのか、読んでみたくなりましたし、導入にはぴったりかと思います。
    じっくり読めば、何度も読み返せば、その度に思うことがあるだろうなと思いました。

    が、これを高校生が読んでいる図はちょっと想像できないというか少なくとも私は読むのしんどかったです。
    これを道徳の時間に読んで真面目に感想文を書ける高校生のインテリさに感動します。ホントに高校生なのか。

  • 武士道17章の中で一番長いのが「女性の教育と地位」
    新渡戸の女性論は民主主義、平等主義に基づいていた
    英語の妻の語源が織る人、娘が牛乳搾りに由来している(婦人の婦も
    掃く人に由来する)

  • これは元々、開成高校の保護者である著者が先生に頼まれて武士道の訳をすることになったのが発端だった。ただ訳すだけてはなく、詳細に調べられた上での解説が大変わかりやすい。のちに、開成中学、高校の道徳の教材として使われた。読書感想文からは、道徳の徳目には賛意も反発もあるが、ほぼ全員が新渡戸のもつ教養の高さに打たれ、読んで良かった、読むべき本だという結論に達したらしいとのことである。
    そのような武士道の訳文、解説を文庫で読むことができるのはとても幸運だと思う。私には、武士道の内容がよくのみこめた。

全12件中 1 - 10件を表示

高校生が読んでいる『武士道』 (角川oneテーマ21)はこんな本です

高校生が読んでいる『武士道』 (角川oneテーマ21)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

高校生が読んでいる『武士道』 (角川oneテーマ21)の作品紹介

開成高校の授業で使われていた『武士道』を読み解く独自テキスト。

高校生が読んでいる『武士道』 (角川oneテーマ21)のKindle版

ツイートする