地球美紗樹 (1) (角川コミックス・エース)

  • 95人登録
  • 3.65評価
    • (12)
    • (8)
    • (27)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 岩原裕二
  • 角川書店 (2001年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047134300

地球美紗樹 (1) (角川コミックス・エース)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 私の中で「5巻以内で終わってて、人に薦めたい漫画」のひとつ。全3巻。
    いばらの王が面白いから、と手を伸ばした漫画でしたが、すっかりお気に入り漫画となりました。

    なかだるみせず読みやすく、最後まで一気に駆け抜けます。
    新装版も出てますし、未読のかたにはぜひ読んで見てほしいです。

  • 『いばらの王』『Darker than Black』でおなじみの岩原裕二の作品。
    北海道のある町で展開されるほのぼのとした物語かた思いきや、
    ハードでヘビーな展開になっていくのが非常に面白い。テンポも最高。

    正直、『いばらの王』が好きなら絶対読んだほうがいい。
    主人公達が別に超能力で戦うバトルものでもなく、
    大人たちも巻き込んでバトルに突入する様は非常に面白い。
    場所の設定も最高。キャラも立っている。ニオもかわいい。
    最後まで飽きさせない展開も。まずは読むべし!

  • いばらの王と並んで好きな岩原作品です。

    この人の描く世界観は本当に綺麗で美しいと思います。

    個人的にはクライマックスの、主人公が○○○なシーンがドツボでした。

  • 3巻完結

  • ある雪国でのお話。
    ごく普通の少女・牧島美紗樹は、伝説の首長竜「ホホポ」と出逢う・
    なんとホホポはキスで少年に変身! 「ニオ」と名づけて一緒に暮らすことになったのですが…。
    二億四千万円の金塊と共に誘拐犯もやって来て、ニオを巡って大騒動の予感!?
    小さな町、「穂幌町」を舞台に繰り広げられる壮大な物語の第一巻!!(裏表紙紹介より)

    「いばらの王」や「DTB」で名を知られている岩原裕二さんの佳作。
    とりあえず、登場人物がみんなキュートであるし絵柄もとても読みやすい絵柄。
    REXとか、遠い海からとか言っちゃダメ。NOT安達裕美。
    案外ブクオフで105円とかで売られちゃっているので、まとめて315円だったら間違いなく買い。

    上記のキスすると変身しちゃう「ニオ」くんが可愛すぎて、自分がショタコンになっちゃったのかと勘違いするくらいキュート。キュンキュンしちゃうんだぜ。

    全3巻、命+SF+人間ドラマですね。

  • 2005-10-19読了。

全6件中 1 - 6件を表示

岩原裕二の作品

地球美紗樹 (1) (角川コミックス・エース)はこんなマンガです

地球美紗樹 (1) (角川コミックス・エース)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

地球美紗樹 (1) (角川コミックス・エース)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

地球美紗樹 (1) (角川コミックス・エース)のコミック

ツイートする