きみにしか聞こえない (角川コミックス・エース 170-2)

  • 1148人登録
  • 3.82評価
    • (101)
    • (93)
    • (153)
    • (6)
    • (0)
  • 53レビュー
著者 : 乙一
制作 : 清原 紘 
  • 角川書店 (2007年6月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (195ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047139381

きみにしか聞こえない (角川コミックス・エース 170-2)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 目に見えない携帯電話という設定がちょっと不思議だけど、
    そんな設定もすんなり入ってくる。

    がんばってね、という言葉にこんなにも涙が出るなんて思わなかった。

  • 切なくて、心があったかくなる素敵なお話でした!実は乙一さんの原作を読みたくてネットで買ったつもりが、コミックを買ってしまってました。が、結果オーライ。読んでよかった。ありえないような設定ながら、登場人物の心の機微やおかれた環境がきれいな絵で表現されており、きれいなだけに儚さもあり。すんなりと心に入ってきました。最後は本当にうるうるきました。ただの恋愛じゃなくて、心が傷ついている主人公たちが、会った事もない、お互いの顔も知らない相手と心を通わせていくというのが良かった。
    今度改めて原作を読んでみるつもりです。

  • 「頭の中の携帯電話」という設定が、ファンタジーにしても余りに現実味がなさすぎるのと、主人公の女の子がイジイジしすぎてて、途中までうんざりしていつ辞めようかと…
    でも、後半から話に締まりが出てきて、そこそこ良かったです。
    ただ、「頭の中の携帯電話」よりも、単に時空を越えて
    誰かとテレパシーで繋がれる、というぐらいの設定がよかったな。その方が「ありえそう」(個人的好み)。

  • 清原紘さん目当てで買いました。

    ストーリーは、内向的な女の子が、脳内に理想の携帯を作り出して、それで見ず知らずの人と交信するという話だったのだけど・・・これがまた・・・すっごく良かった!!!

    乙一さんの小説はまったく読んだことはなかったのだけど、そういう展開ですかぁ・・・。
    泣きました(゜ーÅ)。

    ただ、難を言えば、絵が綺麗過ぎるのが情緒を殺いでる気がしないでもないのですが、絵が綺麗なのが好きで、清原先生のマンガを集めてるので、いかんともしがたいです。
    あはは<(; ^ ー^)。

  • 図書館にあったので。
    きれいな絵柄で視覚化されると、また切なくなってしまう。

    森野夕が一瞬出てきたところは、お、と思った。

  • 綺麗な絵なのがさらに切ないね。だけど、スッキリ爽やかな読後感で、最後はほっこりした気持ちになれる。原作も読んでみたいな。

  • 原作でも感動したけど、漫画は漫画…イイ…!(゚∀゚)
    個人的には儚げな絵柄で合ってる気がした。野崎さんイケメンだしね…!

  • ザ・白乙一。
    映画化もされたし、一躍有名になった作品ですね。

    自分にしか存在がわからない携帯電話に、突然着信があったら。
    そんなファンタジーな話あっていいの?ってくらい現実離れしているテーマなのに、書き方がいいのか、どんどん読み進めてしまいます。

    感動する、まではいかないけど、しっくりくる終わり方で読了後は爽快感がありました。
    テストのわからないところを頭の中の携帯電話で教えてもらう、
    なんて面白そうなことあったらいいのになぁ、と思いながら読んでいました。

  • この物語は映画や小説もありますが、私はコミック版がイチオシです。

    三作品を比較すると、個人的にはクライマックスのシーンが特に違いを感じます。
    その中でも、一番納得できたのがこの漫画版。正直、映画版は観ててつまらなかった…(^_^;)

  • 想像が

全53件中 1 - 10件を表示

乙一の作品

きみにしか聞こえない (角川コミックス・エース 170-2)に関連する談話室の質問

きみにしか聞こえない (角川コミックス・エース 170-2)を本棚に登録しているひと

きみにしか聞こえない (角川コミックス・エース 170-2)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

きみにしか聞こえない (角川コミックス・エース 170-2)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

きみにしか聞こえない (角川コミックス・エース 170-2)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする