魔法少女リリカルなのはViVid (1) (角川コミックス・エース)

  • 559人登録
  • 4.16評価
    • (50)
    • (36)
    • (28)
    • (2)
    • (0)
  • 17レビュー
著者 : 藤真拓哉
制作 : 都築 真紀 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2010年1月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (130ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047153738

魔法少女リリカルなのはViVid (1) (角川コミックス・エース)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「魔法少女リリカルなのはViVid」
    TOKYO MX 毎週金曜22:30~
    キャスト:水橋かおり、能登麻美子、喜多村英梨、福圓美里
    http://nanoha-vivid.tv/

  • まさかの格闘少女モノ。

    ところで Sts はイマイチ評判が良くなく、もしかすると劇場版で否定される(違う未来へ繋がる)んじゃないか・・・なんて危惧してるのだけど、そうなるとコノ物語はどうなっちゃうんだろう。
    なんて要らぬお世話な心配をしてたりします。

    全体的にゲマズの掛け替えブックカバーがエロいです。

  • 藤真拓哉の"魔法少女リリカルなのはViVid"の第1巻。"魔法少女リリカルなのは"第4期シリーズの1つです。ドラマCD"StrikerS サウンドステージX"ともう一つの第4期シリーズ"Force"の間の話になってます。内容はスポーツ格闘魔法少女まんがでかなり熱い展開が期待できそうです。なのはとフェイトみたいに、本気でぶつかりあってヴィヴィオとアインハルトが仲良くなってくれれば良いな。お約束のサービスシーンも多くて、中々楽しめそうです。しかし、なのはさんとフェイトさんはいつも仲良しだね。

  • "「魔法少女リリカルなのは」の新作は、コミックでスタート! 高町ヴィヴィオは魔法で少女な小学4年生! "

    第4シリーズ。本を家でそろえたいほどの読み応えはないが、良作だと思う。

  • 魔法少女とは名ばかり、中身はちっちゃい女の子たちが拳で語り合う青春スポ魂格闘マンガです。
    一般的な"なのはらしさ”は感じられず、重くもなくシリアスでもない、ほのぼのとしたストーリーです。それが逆に意外性をもたらしているのは、なのはというシリーズだからこそでしょう。

  • 9784047153738 176p 2010・1・26 初版

  • TSUTAYAレンタル

  • 1〜3巻読了。

    ストライカーズより魔法少女っぽい。少女沢山で私は嬉しい。

    過去回想見てイングバルトさんとオリビエさん、恋人だったんじゃないの? と勝手に妄想しています

  • 魔法少女リリカルなのはシリーズって無印から始まってA's、StrikerSと時系列で話が進んでます。特に本作はStrikerSを見てから読んだ方が面白いと思います。

全17件中 1 - 10件を表示

藤真拓哉の作品

魔法少女リリカルなのはViVid (1) (角川コミックス・エース)に関連する談話室の質問

魔法少女リリカルなのはViVid (1) (角川コミックス・エース)に関連するまとめ

魔法少女リリカルなのはViVid (1) (角川コミックス・エース)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

魔法少女リリカルなのはViVid (1) (角川コミックス・エース)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

魔法少女リリカルなのはViVid (1) (角川コミックス・エース)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

魔法少女リリカルなのはViVid (1) (角川コミックス・エース)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする